そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

【日々の過ごし方】「今日は疲れた~」という日を作らない。

専業主婦って、日によって疲れ方に差がありませんか?

すごく忙しかったり、逆にひまな日が続いたり・・・

 

毎日「同じように生活」したい

わたしはこういう波がある生活が苦手で、疲れてしまいます。

なので、なるべく毎日が「同じ生活」になるようにしたいんです。

 

毎日同じ、っていうのは、退屈な、っていうことではないですよ。

疲れ方が同じっていえば、いいんでしょうか。

 

ひまな日が続いたかと思えば、逆に用事を溜めすぎて動き回るはめになり、「今日は疲れた~」っていう、忙しさに波のある生活は、精神的にも疲れます。

そうではなくて、平均的に疲れる生活にしたいんです。

 

家事や雑用を分散させる

主婦がやらなきゃいけないことって、家事、家族の世話(育児や介護)、学校の用事、地域の役割、その他もろもろの雑用ーと広範囲です。

そして、自然に任せていると、用事が集中してしまう時も。

 

なるべく、作業を分散させ、1日の負担を減らしていく。

こういう発想は「平準化する」っていうそうです。

 

「平準化」とは

平準化とは、ウィキペディアによると、色々な種類の製品を均等にばらして生産することーだそう。

ならす、平均化するってことですね。

勝間和代さんのメルマガで知りました。

工場などで取り入れられていて、作業効率が上がるんだそうですよ。

 

量と中身の

わたしは1日のうちのやることを「平準化」する時に、家事・雑用の量と中身について大きく分けます。

大変な家事とかんたんな雑用とか、いろいろありますから。

それぞれ組み合わせて、1日当たりの負担を減らしてます。

 

コツは「早め」に取り組むこと

平準化するために大事なのは、早めに取りかかること。

時間や日数に余裕があると、1つの雑用を複数の作業に分けることができます。

 

量が多い作業、手間のかかる作業も、分けるとぐんと楽になります。

 

たとえば、庭の草取り。

1日でやろうとすると、暑い時期なんか汗だくになるし、腕も疲れてしまう。

しゃがみっぱなしで足もしびれたり。

 

これを何区画かに分けて、朝15分だけーとか、毎日ちょこちょこやるようにしたら、「あれ、いつの間にか終わってた」となるはず。

 

細かく分けるほど1日あたりの負担は減るので、楽です。

こうすることで、わたしは草取りが以前ほど負担にならなくなりましたよ。 

 

疲れを溜めない生活

なるべく平均化させることで、「今日はほんと、疲れた・・・」って日が少なくなるし、疲れを溜めないから、翌日も元気に過ごせる

 

こういう調整ができるのは専業主婦のいいところであり、マネジメント力?の見せ所ですね。

 

負担に感じてる作業、分けてやってみませんか?