そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

【断捨離】何も置かない玄関。靴が1足も出ていない家は、貯蓄1000万円以上!?

ついに、わが家もできました!

何も置かない玄関。

f:id:nekoneko29:20161008152950j:plain

『サンキュ!』で人気の「1000万やりくらー」たちの生活ぶりを紹介する特集がありまして、貯める力のある人ほど玄関がきれいな傾向が。

1000万を貯めた人たちの玄関って、出ている靴は「1人1足」なんです。少ないですよね。

 靴が1足も出ていない玄関

これだけでも、すっきり、だし、十分すごいんですが、1000万やりくらーの上を行く人たち(2000万とか、3000万とか貯金している人たち)の玄関はさらに徹底してました。

そう、「靴が1足も出てない」んです。

最初、その記事の写真を見た時は衝撃的でした。

何もない!

そして、そんな玄関にあこがれたり、わが家は無理とあきらめたり。

でも、いつしか、「いつか、わが家もそうなりたい」という目標になっていったんです。

 

なぜ、「1足も置かない」ができるのか

なぜ、1足も玄関に出しっぱなしにせずにいられるのか。

 

それは、家族全員が必要最低限の数しか靴を持たないから。

履きづらいあの靴、捨てられないこのサンダル、いつか履くかもしれないそのブーツ。

そんなものがいくつもいくつもあったら、下駄箱に収納しきれないのは当たり前。

ましてや、家族が多ければなおさらです。

そして、下駄箱からはみ出す靴の山。

不要な靴は潔く処分する

1000万以上貯めた人たちは、むだなモノを置くのが嫌い。

今の自分に必要な靴を見極めて、履き切った靴や、履きづらい靴などは潔く処分してしまう。

だから、収納に収まりきる。

 

貯蓄1000万超えでも、玄関に靴があふれている人もいるでしょう。

でも、わたしがあこがれるのは、収入は決して多くないけれど、お金をきちんと貯めている人。そして、選び抜いて買ったモノを生かしている人。

履かなくなった靴をいつまでも保管しているのは嫌なんです。

 

靴が1足も出ていないのは、貯蓄1000万以上のサイン?

靴が1足も出ていない=貯蓄1000万超え?か、どうかは、正直なところ、わかりません。

ただ、わが家の場合はそうでした。

断捨離に伴って、貯蓄が順調になり、いつの間にか超えてました。

そして、今、あのあこがれだった「靴が1足も出ていない玄関」が実現したのです。

金運の神様、ようこそわが家へ

1人1足の時と比べても、そのさっぱり感は段違いです。

掃除もぐんと楽になりました。

神様は汚れた床が嫌いなのだそうですから、(たまに)拭き掃除もしたり。

 

金運の神様を味方につけて、今後も着実に貯蓄を増やしていきたいです。