そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

【断捨離】どうして、わが家は片付かないの? モノがモノを呼ぶ悪循環。

隅々までぎっしりな収納スペースに、床にはみ出たモノたち。

どうして、うちはこんなにモノが多いんだ?

片付けても、片付けても、ちっともすっきりしない。

もう、疲れた・・・。

モノが増える悪循環 

お金が貯まらなかった時期、わが家はモノであふれていました

そして、貴重な休日は(共働きのころです)片付けと掃除に追われて、ゆっくりできない。

多すぎるモノたちにイライラして、家に居ても落ち着かない。

なので、出かけて、ストレス解消に大して欲しいわけでもないモノを買ってきて、またモノを増やしてしまう。

そんな悪いスパイラルにはまってました。

 

モノであふれている=お金が貯まらない

モノがあふれている家は、お金が貯まりにくい。

それは当たり前のことで、お金をモノに換えているんですから、貯まらないわけですよね。

 

でも、ストレスでいっぱいだった当時は、そのことがわかりませんでした。

毎日クタクタになるまで働いてるのに、なんで貯まらないの?

 

家でリラックスしたいのに、モノが多くてゆっくりできない。

だけど、買い物は楽しいし、「必要なもの」を買っているんだから、やめられない。

どうしたらいいのー!

 

そんな状況でした。

全くもって、心が落ち着かない生活が続いていました。

むだなモノは買ってないのに・・・ 

それにしても、思うんです。

何であんなにモノを買っていたんだろう?って。

 

当時だって、「これは必要だな」と思いながら買い物してました。

その基準は今とは比べ物にならないくらい、ゆるいものでしたが、むだな買い物はしてないつもりでした。

 

でも、今と比べて、格段に多い買い物量でした。

なんででしょう?

ずっと不思議でした。

所有しているモノが多いほど、「必要なモノ」も増える 

それが、ふと気づいたことは「モノがモノを呼ぶから」ではないかと。

これが一番しっくりくるような気がします。

 

所有しているモノが多ければ多いほど、「必要なモノ」も増えてしまう。

具体的にはどういうことでしょう。

 

多趣味のせいでモノがあふれてしまっていた

当時、わたしは一眼レフカメラを持っていました。

すると、それだけで、カメラを入れるバッグに、お手入れグッズ、予備のフィルム(当時はまだフィルムを使用している時代でした)、現像した写真などが発生します。

 

だんだん操作に慣れてくると、今度はあの広角レンズが欲しい、望遠レンズがあれば、遠くのものがはっきり撮れる、接写レンズで花をきれいに撮りたいー。

レンズもあれこれ欲しくなってきます。

夜空や夜景も撮りたいとなってくれば、三脚も必須です。

こうして、カメラ関連のモノが次々と増えていきました。

 

当時のわたしは多趣味で、この他にも書道やフラワーアレンジメント、スキーなどもしていました。

なので、家の中は何かしら、趣味のモノが転がってましたし、車庫の中も散らかってましたね。

趣味がいくつもあると、大変なことになってしまうのです。

 

1つのモノ(この場合はカメラですね)を所有することで、関連するものがどんどん増えていってしまう。

なので、趣味に限っていえば、1人1つ程度に絞った方がスペース的にも、お財布的にもいいのかなあと思います。

 

現在は当時(20年ほど前)より、デジタル化されてますから、より省スペースで趣味を楽しめますが。

 

何か1つ所有する、新しく趣味を始めるという時には、それに付随するモノがどれだけあるのかも考えるべきでしょう。

でないと、当時のわたしのように、趣味のモノがあふれて、逆にイライラする状況になってしまいますから!