そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

【食費節約】見切り品をつい買ってしまう・・・。「定価でも、買う?」でストップをかけよう。

食費節約のために、見切り品をねらうことってありますよね。

でも、予定外のものをあれこれ買ってしまって、かえって食費アップにつながってしまうことも。

 

わたしがよく行くスーパーには、見切り品コーナーがあって、日配品だとか、野菜だとか、パンだとか、けっこうな品揃え?なんです。

だいたいのものは、10%~30%引きくらいでしょうか。

 

閉店間際のように、半額というのは少ないですが、お買い得感があるので、つい立ち寄ってしまう。

そして、「あ、安い」「買っておけば、使うかな」というものを1つ2つカゴに入れてしまいます。

 

でも、レシートを集計してみると、そういう見切り品がけっこうな金額になってまして。

買わなかったら、もう少し(5~10%くらい)食費が抑えられるような気がしてきたんです。

買ったら買ったで、使ってはいるけども、なくても別に困らないものを買っているので、買うのをやめても、食卓は寂しくならなさそうだし。

 

ということで、買い物リストにない物は、たとえ見切り品だろうと買わないことにしました。

 

そもそも見切り品は、安いから買おうと思うわけで、必要だから買っているものは少ないはず。

安さの誘惑に負けないために、「それが定価だったとしても買う?」と、自分に問いかけることにしてみました。

 

これは効果が大きいですよ。

わたしはこれで、見切り品をほとんど買わなくなりましたから。

 

「定価でも買うかな?」

見切り品を目にした時、ぜひ試してみてくださいね。