そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

【買い物】誰でも買いすぎてしまうことがある。ユニクロ感謝祭の「おまけ」が魅力的だった。

みなさん行かれましたか?

「ユニクロ誕生感謝祭 特別な7日間」

 

 毎年この時期に冬用の室内着やヒートテックを買い替えています。

 

ことし買いたかったものはこの3点。

・ボアジップアップパーカー

・ヒートテックの下着

・タートルネックTシャツ

 

これだと、合計5000円弱、予算内です。

 

ところが・・・

店内に入るまで知らなかったのですが、今年は(毎年やってるのかな?)税抜き1万円以上の買い物で「特製ノベルティグッズ」が毎日先着100名にもらえるというじゃないですか。

 

以前はこういう時、「どうせ買うなら、おまけももらいたい」と思って、無理して買ってました(汗)

 

少し賢い消費者になった今は、ノベルティグッズのおよその値段(それ単独で買う場合の値段)を計算して、損しないようにしてます。

 

今回の場合(保温・保冷ステンレスボトル、大容量2wayトートバッグ、2017年版オリジナル手帳のうち、1点選べる)は、700円~800円相当だと思うので、1万円から700円~800円を引いた額、9200円~9300円に買い物額が達したら、「まあ、使うだろう」というもの(ヒートテックとか)を買い足してもいいかな、という感じ。

 

この計算は、あくまでも、「そのノベルティが欲しい」、そして「必要なものだけ」を買った時に成り立ちます。

 

でも、無意識ってこわい。

ノベルティがもらえることを知ったとたん、頭の中に「1万円以上お買い上げ」が錨(いかり)のように根をおろしてしまった(アンカリング効果)。

 

なので、買い物中、「このウルトラライトダウンジャケットを買えば、1万超えるな」と、つい計算してしまってました。

来るまでは、ジャケットが欲しいなんて、これっぽっちも思ってなかったのに。

 

まったく欲しくないグッズなら、興味を持たないでしょうけど、今回のように、「あれば使う」グッズだと、何となく「もらわなきゃ損」という感覚になるので気を付けたいものです。

 

わたしも、欲しいものが明確でなかったら、あやうく5000円以上余計なものを買っていたと思いますね。

買い物途中で、「本日のノベルティは終了しました」という店内放送があったので、我に返りましたが・・・。

 

そんなわけで、「おまけには気を付けよう」というお話でした。

感謝祭は明日までです。

 

 

ユニクロのボアスウェットフルジップパーカは部屋着としてもおすすめですよ。

首元までジッパーを上げると、さらに暖かい。

わたしの行った店舗でも、人気No.1でした(ポップが貼ってあった)。