そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

【貯金】手取り1割貯金ができてるかどうかが、「身の丈暮らし」の目安になる。

今年もあとひと月余りで終わりますが、貯金は順調でしょうか。

「身の丈暮らし」なら貯金は余裕でできると思います。

「身の丈暮らし」について考えてみた

でも、「身の丈暮らし」って、具体的にはどんな生活なんだろう。

 

そんなふうに考えて、思い当たったのは、毎月の「貯金割合」です。

身の丈暮らしができているかどうかは、貯金割合が1つの目安になるのではないでしょうか。

 

目安は手取り収入の1割以上

家族構成や収入の多寡、子どもの成長段階(一般的に小さい頃はかからないけれど、大学進学時に最大になる)によって貯蓄割合は増減しますが、おおむね1割はどんな時も確保したいものです。

 

わが家を振り返ってみても、年間で1割に満たない時期というのは、身の丈を超えていたように思います。

(収入に見合わない車を買ってしまったとか・・・。車用に積み立てていればOKなんですが)

 

各家庭の状態はいろいろですが、年間で1割貯金ができない、というのは、身の丈暮らしを超えていると言っていいと思います。

 

身の丈暮らしでストレスなく貯金ができる

わが家の貯金が安定して伸びてきたのは、身の丈生活ができるようになってからでした。

この時、毎月の貯金額も、年間で見た貯金額も、激しく節約することなく、手取りの1割は確保できるようになっていました。

(わが家はボーナスはほぼありません。寸志程度)

 

貯金のために過度な節約をしない

よく、家計診断では手取り収入の10~15%が毎月の貯金額の目安として書かれていますが、これくらいが無理のない割合なんでしょうね。

 

これが、3割、4割、5割!とかになると、過度な節約生活になってしまう。

(高収入だったり、「貯金ゼロ」など非常事態の場合は別です)

 

暮らしを楽しみながら、未来の自分たちへの貯金も続けたいものですね。