そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

【節約】主婦の時間の生かし方。手作り干し芋はおいしくてコスパがいい。

作りました、干し芋。

f:id:nekoneko29:20161205082405j:plain

今年から畑を少しやることになった時、考えたのは「何を育てるか」でした。

初心者向けに栽培がかんたんで、収穫の手間がかからず(あまり通えそうになかったため)、何より、「自分が好きな野菜」であることを重視。

 

そこで、栽培することにしたのがサツマイモだったのです。

ベニアズマを中心に、70本ほど収穫できましたよ。

 

甘ーい安納芋は焼き芋に、あと、スイートポテトを作ったり。

f:id:nekoneko29:20161004192307j:plain

 

そして、寒くなるのを待って、干し芋作りを始めました。

気温が高いとカビやすいので、作る時期が大切なのです。

 

蒸すという手間が、干し芋作りの最大の難所ですね。

f:id:nekoneko29:20161205082514j:plain

火が通りやすく、乾きやすい&食べやすいことから、1.5センチ角に切ってます。

30分蒸し、お天気のいい日を選んで2日ほど干して完成。

 

サツマイモは掘ってから2カ月ほど熟成していたので、すごく甘いです!

わたしは柔らかめが好みなので、半生で取り入れて、冷凍保存しておきました。

 

干し芋は買うと高いので(少ししか入ってないのに、1袋400~500円もする)、食べたいけれどなかなか買えません。

干し芋は、育てている期間と熟成期間が長く、手間がかかるため、あの価格になってしまうわけです。

 

その点、家で作れば安価なので、思い切り食べられていいですね。

苗代とか入れても、同量で100円はかかってないはず(50円くらいかも?)。

家で作ったらいいと思う加工品とは

そんなことを考えると、家で作るべき加工品は、

・家族が喜んで食べるもの、または大量に消費するもの

かつ、

・材料が安価であり、

・価格の大部分が加工費である

ものではないかと思います。

 

主婦は無給ですが、こんなふうにコスパのよい加工品を作ることで、家族にも喜んでもらえるし、時間が生かせます。

 

今回作ってみて、干し芋はコスパがいいと思いましたので、家にサツマイモがたくさんある人はぜひ作ってみてください。