そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

新たな趣味は安く始めよう。続くかわからないものにお金をかけ過ぎない。

羊毛フェルト、始めました。

丸めて、ちくちくするだけなので無心になれて、なかなか楽しいですよ。

f:id:nekoneko29:20161209083711j:plain

新しく趣味を始める時って、どうしてますか?

新しく何かを始める時、最初に全部そろえる派の人、いますよね。

最初からグレードの高い道具をそろえてしまうとか。

 

わたしがそうでした。

思い立ったら、新品の、完全なセットを購入してしまう。

(中古という選択肢は頭の中に全くありませんでした)

 

たとえば、自転車で通勤したら運動になるな、と思えば、

町の自転車屋さんで(ホームセンターで売っているのとは違い、いいものを取り扱っているので、高い)、新品のものを買い求めてしまう。

しかも、スポーツタイプのを・・・(ママチャリより、ずいぶん高いです)

 

6~7万したでしょうか。

その自転車通勤は1カ月も続きませんでした。

なので、6万÷20日で、1日あたり3000円の支出となってしまったわけです。

 

あと、勉強の習慣さえもなかったのに、いきなり英会話教室に通い出すとか。

やる気が徐々になくなり、4か月集中コースが3カ月で挫折。

マンツーマンの授業を選択したので、授業料は高かったです。

16万もかけて、何も身につきませんでした。

もったいないことをしたなあ。

 

趣味や習い事は 「小さく」始める

こうして、どれだけむだな使い方をしてきたことやら、思い出すだけで恐ろしい金額に。

 

今考えれば、自転車は中古のものを手に入れるとか、友だちのママチャリを借りてみるとか、いろいろ手はあったはず。

そうして試してみて続けられそうなら、お金を貯めて新品を買えばよかったんです。

 

その趣味は続くのか?

その趣味が果たして続くのか、それはやってみないとわかりません

でも、続くかどうかもわからないのに、いきなり大金を投じることはむだ金になる可能性が高いです。

 

いろいろな失敗を重ねて今、わたしの趣味の始め方は実にささやかになりました。

 

今は下記のような段階を踏んで、新たなことにチャレンジしてますよ。

 

新たな挑戦は段階を踏んで 

第1段階 何かおもしろそうなものを見たり聞いたりして、「やりたい!」と思っても、2~3日考える。

思い付きで始めると、すぐに飽きてしまうので、それを防ぐため。

             ↓

第2段階 「やっぱりやりたい」となったら、まずネットでその対象について調べる。図書館で本を借りて、全体像を把握する。

 

その趣味についてザックリと知識をもつことで、どんなものが作れるのかとか、最低限必要な道具とかを知ることができます。

また、思ったより難しいことがわかって、この段階でやる気がなくなることも。

            ↓ 

第3段階 第1、第2段階をクリアして、「やってみよう」という気持ちになったら、いよいよ道具を購入します。

 

ただ、以前のように、いきなりフルセットでそろえたりはしません。

 

ダイソーに制作キットが売っていた

今回やってみたくなった「羊毛フェルト」は、ダイソーで買いました。

「スターターキット(針と作業用のマットが入ってる)」「羊毛フェルト3色セット」の216円で始められます

これなら、1個作って嫌になっても、惜しくないですね。

 

テキストは図書館から借りて作ってみました。

福田りおさんの「羊毛フェルトのスイーツ」は、かんたんなのに、かわいらしいスイーツが作れておすすめです。

 

お財布に負担をかけずに始める 

こんなふうに、何か新しく趣味をもちたいという気持ちを無理に抑えることなく、お財布に負担をかけずに始めることができるようになりました。

 

「やりたいことがあるけど、お金がなあ・・・」という場合でも、きっと何か方法があるますよ。

工夫して、ぜひ、挑戦してみてくださいね。