そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

【懸賞当選】懸賞は応募前から戦いが始まっている。当選に必要な、分析と情報収集。

懸賞に当選しました。

f:id:nekoneko29:20161224091052j:plain

欲しいものは懸賞で当てる

「いいなあ~」と思っていたウッドプレート。

楕円形の、てごろなサイズのものがなかなかなくて、ずっと探していました。

 

「無印」で楕円形のものを見つけたのはいいけれど、1枚2000円近くして、手が出ず・・・。

(「必要」というほどのものではなかったので、買うには高すぎたのです)

 

「必要」というほどではないけれど、でも「欲しい」。

そういうものは懸賞で当てるようにしています。

 

今回のウッドプレートの懸賞は、いきつけのスーパーの懸賞コーナー(懸賞用の用紙がまとめて置いてある)で見つけました。

 

懸賞は当たらない? そういうものもある

「懸賞なんて当たるの?」と聞かれます。

 

当たるんです。

ただし、分析と情報収集は欠かせません

 

まずは、当たりやすさの分析から

分析が最も大事です。

大げさでしょうか。

 

懸賞って、要するに確率なんです。

なので、当たる確率の高い懸賞に応募するのが大前提。

分析とは、この当たる確率の高そうな懸賞を選び出すための作業なのです。

 

では、確率の高い懸賞とは?

ひとことで言えば、応募者の少ないものを選ぶこと。

 

応募者の少ない懸賞とは?

・対象者が少ない(ローカルスーパーとメーカーのタイアップ懸賞などですね)

・期間が短い(応募期間が1カ月とか、短い方がライバルが減る。まめな情報収集が大事になってきます)

・応募のハードルが高い(「お買い上げ金額5000円以上のレシート添付」など、金額が高く手間がかかるもの)

 

これを踏まえて応募していくのです。

 

「当たりにくい懸賞」は、これの反対条件のものですね。

 

懸賞人口100万人と言われる中で、何も考えずに応募していたら当たりません。

ハガキをたくさん使うことになって効率が悪いですし。

ねらいをしぼって応募すれば、1懸賞に1枚でいいと思いますよ。

 

わたしはこの戦略で、ローコストな懸賞生活を楽しんでます。

 

あ、今回の懸賞はデルモンテなので、「全国区」ですね。

難易度は上がりますが、商品が「欲しいもの」で、応募のハードルが高くない(バナナのバーコード3枚で応募できたのです)ものは、ダメもとで応募することもあります。

 

懸賞生活、今年の成果

今年の成果は・・・

・スーパーの商品券5000円分

・ウッドプレート2枚(3000円~4000円相当)

・年末ジャンボ宝くじ10枚(3000円相当)

・ポテトチップス詰め合わせ(800円相当)

 

応募したハガキは20枚くらいだったので、約1000円で、1万以上の「成果」でしたよ。悪くないです。

 

ネット懸賞なら、コストは0円で楽しめますね。

(その分、ライバルが増えます)

 

楽しい懸賞ライフを送る 

食べたくないものを、懸賞のために大量に買って食べるとかの無理をせず、欲しいものがいただける懸賞に的を絞って応募する。

 

そして、忘れたころに届く宅配便、驚きとうれしさは格別です。

そんな懸賞ライフ、身近なお店で探してみませんか。