そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

貧乏だと、ささやかなできごとに感動できる。ミスドドーナツで幸せ気分。

4日前、わが家に一足早い「クリスマスプレゼント」が届きました。

 

ミスドドーナツの詰め合わせって、どうしてこんなに幸せな気分にさせてくれるんでしょう。

f:id:nekoneko29:20161224090300j:plain

休日のおやつに、子どもとおいしくいただきました。

(だんなさんは休日出勤だったので、晩御飯のあとに食べました)

 

不要になった衣類をお友だちにあげたお礼なので、クリスマスプレゼントというわけではないのですが・・・。

 

ふだんミスドに行かない(遠いですし。最寄りのお店で、車で45分かかります)わが家には、とってもうれしいプレゼントなのでした。

 

そもそも、ミスドに限らず、既製品(お惣菜や、中食的なもの)をほとんど買わないので(コスパを考えるとなかなかできない・・・)、こういったものがわが家に登場することはまれなのです。

 

資産は(年収の割に)あるけれど、年収が少ないので(手取り300万いきません)、質素な生活を送っているわが家。

 

でも、こんなささやかなこと(くれた友人に失礼な言い方ですが)に大喜びできる。

ふだん質素だからこそ、より、うれしく感じられる。

 

こんな生活も悪くない。

そんなふうに思います。