そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

【正月太り解消に役立つ?】太るのはかんたんで、運動でやせるのは大変な理由。

クリスマスから正月にかけて続く、ごちそう生活で「正月太り」された人もいらっしゃるでしょうか。

わたしは正月太りはしないのですが、毎年秋に2~3kg太ります(そして、春から夏にかけて2~3kg減る)。

 

いったん太ると、やせるのは大変ですよね。

その理由を調べてみました。 

 

太るのはかんたんだけど、運動でやせるのは大変

太ったら、まず何をしますか?

食事量を減らす人が一番多いと思いますが、運動でやせようという人もいるはず。

 

ですが、太った分を運動だけでやせようと思ったら、本当に大変です。

その理由は・・・。

 

脂肪1kを消費するには7200kcal必要

「太る」とは一般的には、脂肪がつくということ。

「筋肉太り」でなければ、太ると体脂肪率が増えます。

 

脂肪1kgを消費するには、7200kcalのエネルギーが必要といわれます。

脂肪を1kg減らそうと思ったら、7200kcal消費しなければいけないということ。

 

運動だけでやせるのは、まず無理

調べてみたら、運動で7200kcalを消費するって、大変なことなのです。

運動って大変なのに、消費するカロリーはびっくりするくらい少ないのですよ。

 

ランニングの消費カロリーを効果的に上げる距離と計算方法とは? | ダイエットブックBIZによると、

 

カロリー消費量(kcal)=体重(kg)×距離(km)

 

で求められるそうです。

 

体重50kgの人が1㎞走ったら、50kcalを消費するわけですね。 

1km走って、消費カロリー50kcal・・・。

思ったより少なくないですか?

 

7200kcalを消費するには144km走ればいい!

・・・て、できますか?

わたしは絶対できません。

 

そもそも太る人は運動習慣がない場合も多いと思うので、いきなりこんなハードな運動はできないでしょう。

 

食事バランスを取りながら、運動も取り入れる―といったところが現実的なダイエットでしょうね。

 

太るのは、あっという間

今度は「太るのは、かんたん」な理由を見ていきましょう。

 

「脂肪1kgを燃焼するのに7200kcal必要」というのを、わたしは逆に解釈しています。

7200kcal食べ過ぎれば、脂肪1kgになる―というふうに。

 

栄養学的には、ちょっと違うんでしょうけれど。

 

でも、この知識があると、日常生活でのちょっとした食べ過ぎを防いでくれるのですよ。

 

1日100kcal食べ過ぎたとしましょう。

 

1日に100kcal食べ過ぎる生活を続けると、約70日で脂肪1kgになってしまう。

そのままいくと、1年で体重が6kg近く増えます。

 

その一口が脂肪増につながる 

そして、100kcalを摂取するのは、実にかんたんなのです。

 

このサイトがわかりやすいですね。

【保存版】一般的なお菓子の100キロカロリー分を調べたまとめ | ダイエットSlism

 

板チョコ5かけとか、「じゃがりこ」なんて、わずか14本ですよ。

これくらいあっという間に食べてしまいますね。

 

たとえあなたが、1kmゼーゼー息を切らしながら走っても、じゃがりこを7本食べたら帳消しになってしまう。

 

太るのは、実にかんたんで、まさに、「その一口がデブの元」なのでした。

 

毎日少しだけ、食事と間食に気を付ける

いったん太ってしまうと、食生活をしばらく節制しないといけないし、体も重いし、いいことありません。

 

なので、太らないように毎日ちょっとだけ食べるものに気を付ける

これが一番ですね。

 

タイトルを「正月太り解消に」としましたが、正確には「正月太りをしないために」でしたね。

今年太ってしまった人は、年末にぜひ役立ててください。