そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

お金はかかるけど、たまにはスキー! 金銭感覚が一緒の人とのお出かけは楽。

日曜日、2年ぶりにスキーに行ってきました。

 

山頂までリフトで登ったら、日本海が見えそうなくらいのよい眺め。

それなのに、カメラ(スマホも)持って行き忘れましたので、写真はありません・・・。

雪質もよかったです。

 

スキーはお金がかかる・・・

ところで、スキーってお金がかかりますよね。

わたしの場合は、スキー用具はそろっていますが(ぼろいスキーに、20年物のウェアです)、リフト代に昼食代が通常は必要です。

 

使わないでいいところは使わない 

今回誘ってくれた友人は、「使うところは使うけど、ケチるところはケチる」派。

なので、わたしととっても金銭感覚が合うんです。

 

リフト代は割引を使うくらいしか節約のしようがありませんが、食事は工夫の余地があります。

 

わたしの場合は、「お昼持ち込みOKなスキー場」で滑っていましたが、今回行ったところはそれはNG。

なので、友人はカセットコンロを持ってきてくれました。

「カップラーメン持ってって、車で食べようよ」という、すてきな提案にびっくりしつつも(笑)、ワクワクしました。

 

結局、2人ともサンドイッチだったのですが、粉末状のスープを飲んだりできて、暖かい昼食を取ることができました。

ひと滑りし終えた後の、入れたてのコーヒーも格別でしたよ。

 

スキー場にカセットコンロ持参て、キャンプ並みだね、他にはいないよなあと思っていたのですが、隣に駐車していたご一家もそうでした(折り畳みのベンチとかも持ってきていた)。

「堺」ナンバーだったので、さすが大阪人!とうれしくなってしまいました。

 

スキー場はゲレ食がんばれ

しかし、昼食も持参で来られると、スキー場のレストランも困りますよね。

「食事をされた方には、今日はスイーツが無料です」と宣伝しているお店もあったなあ。

 

かつてのようなレトルトなのに、高い食事を提供していては、お客さんが離れてしまうのでしょう。

おいしい「ゲレ食」がんばってほしいです。

(でも、わたしは「持参」派のままかな。すみません。)

 

必要以上にお金を使わず、楽しむ

今回のように、出すところは出す(リフト代)けれど、ケチるところはケチる(食事)友人だと、本当に楽しむところは楽しめて、お財布は必要以上に傷まないので、よかった。

今年の冬の「思い出貯金」が1つ増えました。