そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

【料理】もう煮物で失敗しない!おいしく作るためのコツ3つ。

煮物をおいしく仕上げるコツがやっとわかりました(主婦歴19年(汗))。

・柔らかくなってから、味を付ける。

・塩分濃度は0.8%。

・出汁(だし)を十分に。

この3つを守れば、そこそこの?煮物ができ上がるのです。

 

料理上手な方、基本を知ってらっしゃる方には当たり前すぎる知識なので、スルーしてくださいませ。

わたしの友人は「そうなんだ! 知らなかった」って喜んでくれたので、どなたかの役に立てば―と記事にしてみました。

 

シンプルな料理ほど難しい

煮物って難しくないですか?

おひたしや、炒め物同様、シンプルな料理は奥が深いですし、料理のうまい下手が表れやすい。

 

これまでの散々な「煮物歴」 

40を過ぎて、煮物がおいしく感じるようになりまして、以前よりよく作るようになりました。

が! うまくいかなかったんです。

ちょっと固めに仕上がったり、中まで味がしみなかったり(特に大根)。

味が薄かったり、しょっぱかったり・・・。

散々です。

味見はしてるんですけどね。

 

特に、「味がしみない」のが難関でした。

 

きっかけは小豆を煮たことだった

これを打ち破ることになったきっかけは、小豆を煮て失敗したことでした。

小豆はゆでて柔らかくなってから砂糖を入れないと、後でどんなに煮ても柔らかくならないんです。

 

これを知らずに、一度失敗したことがありまして、意地になって2時間煮ましたが、結局小豆は固いまま。

2回目は柔らかくなるまでしっかり煮て、砂糖を入れたのでおいしく炊けました。

 

このことから、ひらめいたのです。

もしかして、煮物も一緒の原理じゃないかと。

 

調理は理科実験、または科学だ

ようするに、浸透圧の原理ですよね(違っていたら、ごめんなさい)。

具材が固いうちに調味料を入れると、具材が塩分や糖分を吸ってしまい、浸透圧が高くなる。

そして、それ以上具材に水分が入らないので、柔らかくならないのでは?

検証していないので、適当理論です。

 

あっさり成功した

小豆の失敗と成功でひらめいたわたしは、ともかく、大根を柔らかくなるまで煮てみました。

(中心部にすっと箸が入るくらい)

 

味は冷める時にしみていく」というのは知っているので、煮えてから調味料を入れ、火を消して放置(室温にもよるので、冬はしばらく保温してます)。

 

しばらくして(1~2時間後)食べてみたら、味がしみているではありませんか。

これにはちょっと感動しましたよ。

 

あんなに苦労してたのに。

あんなにグツグツ煮込んでいたのはなんだったのか。

 

味付けは塩分濃度0.8%を目安につけ、出汁は煮物にもよりますが、かんたんに「本だし」を利用。

塩分濃度を守ることの大切さもよくわかったので、また後で書いてみたいと思います。

 

やっぱり時間をおいた方がおいしい

ただ、煮物はやっぱり時間をおいた方がおいしいんですよね。

これがネックで、作らない人も多いんじゃないでしょうか。

わたしも、共働きのころはほとんど作らなかったなあ。

 

これを解消するには、働いていて家にいない人は、朝なり、前の晩なり、具材を柔らかくなるまで煮て、味をつけておくといいと思います。

(何回か火を入れ、温度を下げる―を繰り返すほど味はしみていくような気はしますが、1回でもそれなりになります)

 

そうすると、夕飯のころにはおいしい煮物が食べられますよ。

 

まだまだ寒いので、暖かい煮物でほっこりしてみてはいかがでしょう。