そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

え?え?エクセルのこの技も知らないのー! 市役所臨時職員として働いた時に出会った残念な正職員の方々。

今日は家計管理や節約、断捨離と全く関係のないことを書いてみたいと思います。

それは、パソコンスキルの有無がどれだけ、事務作業の効率に影響するかということ。

 

以前、市役所臨時職員として働いていた時に感じたこと。

それは「パソコンスキル、低すぎでしょ!」ってことでした。

 

臨時職員はもとより、正規職員の方々の中にも今一歩の人が多かったです。

ファイルがどこにあるか見つからない、コントロールパネルがよくわからない・・・。

 

技術系や窓口応対、専門職などは例外かもしれませんが、市役所職員の主な仕事は事務作業なのだから、パソコンスキルが低いのは致命的なのです。

 

ここで、わたしのいう「パソコンスキル」とは、エクセルでいったら関数やVBAを使いこなせとかそんな高いレベルじゃありません。

 

具体的には、正確なブラインドタッチは当然として、初歩的なショートカットキーをマスターすること、できればマクロの利用でしょうか(エクセルの場合)。

これだけでも文書作成スピードは飛躍的に上がると思います。

 

ささいなことなのですが、しょっちゅう使う機能でいちいち引っかかっていると、文書作成スピードがとても落ちてしまうのです。

ショートカットキーを覚えておけば、マウス操作はかなり減るはず。

 

市役所は職場にもよりますが、毎日、毎年のように同じ文書を作成することが多いと思いますので、その作成スピードを上げるのが大事だと思います。