そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

わたしが節約に励んできたのは、「自由を買う」ためだった。

育児に家事、パートの仕事(フルタイム)と、がむしゃらに突っ走った30代、何より欲しかったのは「自由な時間」でした。

 

疲れていたんでしょうね。

仕事の時間を減らし、とにかく家でのんびり過ごしたかった。

1日ボーっと過ごしたいと、どれだけ思ったことか。

 

体力・気力が年々落ちていくのも実感していたので、「このままの生活は続けられないな」と感じてもいました。

 

でも、生活していくのにこんなにお金がかかっているんだから、自分は仕事を辞められない。

そんな、追い詰められた気持ちでしたよ。

 

そうはいっても、毎日きついので、「今できることをやってみよう」と考えを切り替え、生活のコストダウンに取り組んだのは必然でした。

 

だんな1人の収入で暮らしを成り立たせてみよう、できれば貯金もしてみよう。

そう決意しました。

 

それには、生活からむだを省き、より少ないお金で暮らせるようにならないといけないわけです。

 

数年にわたり、

家計簿の見直し、節約、断捨離、投資や社会保障制度の勉強といろいろ取り組んできた結果・・・

 

お金がかからなければ、そんなに働かなくてもいい

今はこれが実感できる生活ができるようになりました。

 

今後は、「60歳定年」を希望するだんなさんのために、それが実現できるようがんばっていこうと思います。