そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

「何かあったら・・・」という心配と、「めんどくさい」が財布を太らせる。

今、わたしの財布の中身はこんな感じです。

f:id:nekoneko29:20170301143830j:plain

正確にいうと、最近は「おさいふポシェット」で出歩くので、財布は持っていきません。

 

入れているものは、免許証とクレジットカード1枚、キャッシュカード1枚、小銭入れ(中央に写っている白いのです)、お札数枚です。

 

ここに、あとケータイを入れて、身軽に出かけるようになりました。

 

貯まらなかったころの「ブタ財布」 

今でこそ、こんなにすっきりしたお財布になりましたが、お金が貯まらなかったころは、けっこうな「ブタ財布」でした。

 

小銭じゃらじゃら、レシートパンパン、ポイントカードぎっしり・・・。

なのに、かんじんのお札は入ってなかったりする。

 

こんな状態だったので、いざポイントカードを出そうと思っても、見つからなくて焦ることもしょっちゅうでした。

そもそも、あちこちで買い物をちょこちょこしていたので、ポイント自体満足に貯まったことがなかったです。

 

財布に、不安と心配とめんどくさい気持ちが詰め込まれていた 

それでも、もらえるポイントは1ポイントでももらい損ねたら損とばかりに、たくさん詰め込んで・・・。

いつ、どこで、どのお店に立ち寄るかわからない(計画性のない使い方をしていたということです)ので、常に持ち歩く。

もらい損ねたら―と、不安だったのです。

 

わたしは持ち歩くことはなかったですが、保険証を持ち歩く人もいるようですね。

これは心配だからでしょうか。

 

レシートや小銭でいっぱいになってしまっていたのは、今思えば、お金に無関心&めんどくさかったから。

 

お金の使い方に関心を持ってみると 

お金に関心のある今は、買い物をして家に帰ったらすぐレシートを取り出します。

「ふーん、今日はこんな買い物をしたんだな」と改めて見返したり。

失敗したなという買い物もあります。

次回は気を付けようと反省することも。

 

小銭が増えてきたら、別の入れ物に移して、一定の数まで減らします。

こうすると、小銭入れも軽くなって気持ちいい。

 

どうして、こんなに早くお金がなくなってしまうんだろう?」と不思議に思って、お金の流れをつかもうとした結果、こういった習慣が身に付きました。

 

財布がスリムになると、貯金は増えていくという法則

「出先で何かあったら・・・」という不安や心配な気持ちを手放し、めんどくさいという気持ちをなくすことで、その結果、とってもスリムになった財布。

 

この財布だけを見ると貧乏なの?って感じですが、財布のダイエットに反比例するように、貯金は増えていきました。

 

やっぱり、お金は無関心だと逃げてしまう。

反対に、常に関心を持ってあげると、育っていく。

そんなことがいえると思います。

 

あなたのお財布は今、どんな状態ですか。