そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

【ふるさと納税】4月から返礼品が寄付額の3割以下に?「おいしい話」の扉はすぐ閉まる。

ある方のブログで知りました。

 

ふるさと納税の返礼品 寄付額の3割以下に抑制要請へ | NHKニュース

 

ふるさと納税は本来の趣旨を外れて、「お得度合戦」になっていたので、是正されるのは時間の問題でした。

この制度のお得さが大勢の人に知られたら、遅かれ早かれこうなるだろうなと思っていたので、残念だけど、ついにその時が来たかという感じです。

 

欲しいものがある人は早めに(今月中がいいです)、申し込んだ方がよいかも。

 

わが家はいつも寄付しているところが、まだ受け付けていないから、どうしようかなあ。

4月に入ったら、3割以下に抑えられてしまうんだろうか・・・。

 

一瞬だけれど、世の中においしい話はある

世の中には、「タダ飯はない」けれど、たまに「ゆがみ」ができることがあって、新制度の導入時は特にありがちです。

そこに目を付ける情報通な人たちは、おいしい思いをしているんだろうな・・・。

 

ふるさと納税にせよ、これが多くの人が知り、お得さがわかるとあっという間に飽和状態になってしまう。

特にテレビで特集されて、「猫も杓子も」状態になると、もうピークは終わっています。

 

「おいしい話」の扉が閉まるのは早いのです。

わたしも情弱のはしくれ(?)、扉が閉まった後に知り、何度悔しい思いをしたことか。

 

おいしい話に乗れたこともあった

そんなこんなで、おいしい話にありつきたいと、しょっちゅうニュースサイトやブログをうろうろしています。

 

その成果もあり、「ローソンお試し引換券」(今はわが家にとって欲しいものはあまりない)や、債券の譲渡益の特例(2015年まで)にせよ、ギリギリおいしいところにありつけたこともありました。

 

しかし、以前はひどい結果になったことも。

扉が閉まりかけたことに気づき、ダッシュをかけるも、扉に挟まれて負傷、的な。

またいずれ書いてみたいと思います・・・