そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

年度末には学用品を断捨離。よかった、ランドセルや鍵盤ハーモニカは寄付できる。

年度末は、子どもの学用品の断捨離にぴったりの時期ですね。

 

特に小学校から中学生になるなど、進学の節目にはしっかり行いたいものです。

 

中学生になったら、使わないもんね・・・。

f:id:nekoneko29:20170327155247j:plain

 

この時期、断捨離ブログをのぞくと、みなさん処分してますねー。

新学期がはじまる前に、学用品を処分しよう。 – 持たない暮らし、使い切る暮らし。

 

わが家もプリントやテスト、ノート類は迷うことなく、資源ごみ行き。

もう見返すことはありませんから。

 

思い入れのある絵などはしばらくリビングに飾り、図工作品は写真を撮って処分してしまいました。

 

教科書類はまだ(復習などに)使うかも―ということで、子どもが必要なものを選び出し、その他は資源ごみに。

 

ランドセル、鍵盤ハーモニカは寄付 

残った大物はランドセルですね。

 

比較的まだ状態はいいものの、学校あっせんで買ったものなので、今はやりのものとは全く違います。

なので、欲しい人はいません(いないはず)。

燃えるゴミで出そうかと考えていたのですが・・・

 

海外で使ってもらえるようです。

楽器やランドセルの第二の人生を途上国で [ボランティア] All About

 

鍵盤ハーモニカも喜ばれているようなので、取り扱っている団体に寄付したいと思います。

 

送料などがかかりますが、子どもがお世話になった学用品が第2の人生を歩めるかと思うとうれしいですね。

 

6年間ありがとうの感謝の気持ちを込めてランドセルを拭きました(本当は子どもにやらせるべきですが)。

 

思い入れのあるものを手放すのは、どこか寂しい・・・。

でも、もう使わないものを手元に置いとくと、過去に生きてしまいそうなので(あの頃はよかった的な)、きりのいい時に処分していこうと思います。