そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

漫画『闇金ウシジマくん』を通して「お金」を学ぶ。ついでに、心の元気度もチェックしてみる。

『闇金ウシジマくん』をやっと読めるようになりました。精神的に、という意味で。

 

メンタルが弱っている時には読めない漫画 

読んだことのある人はご存知のように、えぐい内容が多いので、「ためになるなあ」と思いつつ、わたしにとっては、メンタルが丈夫な時でないと読めない漫画なのです。

 

なので、「ウシジマくんが読めるわたし=メンタル、まあまあ元気」というバロメーターになるのです。

ここ数年、家族にいろいろあり、ウシジマくんを読みたいと思うことすらなかったので、だいぶ元気になってきた証拠だなとうれしくなっちゃいました。

 

u-nextから付与されたポイントで27巻を読んで、久々だったせいもあり、おもしろくて、続きはTSUTAYAでレンタル(u-nextだと1冊500円だけど、レンタルなら1冊50円で借りられるので、めんどうだけど店舗まで行った)。

 

闇金ウシジマくん 27巻 - 小学館eコミックストア|無料試し読み多数!マンガ読むならイーコミ!

 

『洗脳くん』編は、「北九州監禁殺人事件」を元に、洗脳の恐怖を描いていきます。かなり強烈な描写ですけど、実際の事件を調べると、ずっとマシだなって思います。

最後は丑嶋のぶれなさが被害者を救う形になっているし。

この話の中に入り込むと、何が「正義」かわからなくなります・・・。

 

ウシジマくん取材協力者がすごい

今回初めて気が付いたんですけど、『ウシジマくん』て、取材協力者がすごいのですね。

 

28巻『洗脳くん』編の取材協力者の1人は苫米地英人、30巻『フリーエージェントくん』編は与沢翼(キャラの絵がそのまんまですから、すぐわかりますが)。

 

第一人者をはじめ、多くの人に取材を重ねているから、リアリティがあるわけです。

 

ウシジマくん名言

『ウシジマくん』には、名言が多いです。

 

29巻『中年会社員くん』編には、「金が全てじゃねえが、全てに金が必要だ」というセリフも。

 

『ウシジマくん』は、あのホリエモンも押しているんですよねえ。

 

堀江貴文『人生はカネじゃない!』 

 

お金を使ってもむなしさは消えない

『ウシジマくん』を読むと、お金を通して、「人間の寂しさ」を描いているように思えます。

寂しい人が寂しさを埋めようとしてお金で「何か」を買おうとするけれど、むなしさは消えないんですよね。

そして、最終的に大切なものを失ってしまう。

 

メンタルが元気かチェックできる漫画

読後感が悪いことも多い『ウシジマくん』だから、元気がない時は読みたいと思えません。

 

けれど、今回読んでみて、やっぱり勉強になるので、いつでも読めるようなメンタル状態でいたい、また、そのような状態を保っていたいと思いました。

 

『ウシジマくん』を手に取ることができる時は、メンタルが元気な証拠なので、わたしにとっては心の元気度を測る機会なのです。

 

 子どもには読ませたくない?

世の中生きていくに必要な知識が詰まっている『ウシジマくん』なので、「子どもに絶対読ませたいわー」って言ったら、ママ友に「え、それはちょっと・・・」と引かれました(汗)。

 

ちょっと(だいぶ)グロい場面もあるけれど、お金を通して世の中を学べるいい漫画だと思いますけどね。

『インベスターZ』『ナニワ金融道』『カイジ』(どれもちゃんと読んだことはありませんが)もいいと思うのですが、それよりも、若い子にはとっつきやすい絵かと。

 

子どもには、もう少し大きくなったら、ホラハラ(ホラーハラスメント)にならない程度にそれとなくおすすめしてみようと思います。

漫画より現実の方が怖いのだから・・・。