そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

わたしの「セミリタイア」生活もあと3年。私立高校・大学の学費を稼がねばならない・・・。

わたしの「セミリタイア」生活も4年目に入りました(はた目には、ただの専業主婦)。

ですが、こののんびりした生活もあと3年で終わりそうです。

 

子ども(この春から中学生)が私立高校への進学を希望しているためです。

私立か・・・。

授業料など諸々で年間100万かかるとすると、共働きじゃないと、さすがにきつい。

 

今は働く理由が見つからない

わたしは余程ひまだと思われているらしく、最近は、だんなさんから「そろそろ働いたら?」と言われることも。

たしかに、主婦の仕事してるじゃん、と言うほど家事はしてません(汗)。

 

しかし、生活に困るほどではないので、あえて働く理由が見つからない・・・今はね。恵まれていますね。

 

そして、わたしは「ひま」に耐性があるので、いくらでも家で過ごせるのです。

(世の中には、生活費を稼ぐためではなく、「ひまだから」と働いている人もいるので)

 

せっかく手に入れた「働かない生活」だから

働く理由が見つからない―なんて言えるのは、恵まれた環境だなあと思います。

 

ただ、これは偶然手に入ったものではなく、10年以上に及ぶ「お金の勉強」(まあ、ただの節約といえば節約です)の成果でもありました。

 

なので、あえて「セミリタイア的専業主婦」と言わせていただきたい(日本語的にはヘンな言葉ですが)。

 

関連記事:セミリタイア的専業主婦の生き方。働かなくてもよくなって、気づけば「もう、金曜日?」な日々を脱却できた。

 

だんなさんはがんばって働いてくれていますが、手取り年収300万以下で、「ふつうの生活」をしていたら専業主婦は無理かと思います。

 

中古住宅を購入し、住居費を抑える。

お金をかけずに暮らし、そこで浮いた分を投資に回す。

 

そんな生活を続けた結果、わたし1人ですが、働かなくてよい生活が手に入りました。

 

せっかく手に入れた「働かない生活」、もう少し楽しみたいものです。

 

お金がほとんどかからない生活は強い

こちらのブログにあるように、生活をコンパクトにすることはある意味、最強です。

 

「老後破産」を心配する人たち…それを回避するためには、どのような対策や備えが必要なのか - いつか子供に伝えたいお金の話

 

一生飽きない仕事 と 低コストなライフスタイル - いつか子供に伝えたいお金の話

 

 しばらく様子見で

そんなわけで、子どもの学費を稼ぐためという就業理由ができるまで、もうしばらく様子見で行こうと思います。

 

できれば、自分なりの「働く基準」(やりたいことが学べる、職場が楽しいなど)に合う仕事があれば最高なんですけどね、そんなにうまくいかないか。

 

そんなことを考えていた矢先、子どもからも「お母さん、そろそろ働きなよ」と言われました。

 

あまりにひまそうな生活を見かねてでしょうか。

もう少し、母をのんびりさせておくれ・・・。