そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

わが家のレジャー費が激安な理由。インドア派の家族だからできる「レジャー費0円」。

いやー、やっと新学期が始まりましたね。

春休みは意外と長い。

 

陽気もよくなってくるこの季節、春休み期間中は旅行やレジャーに出かけた人も多かったのでしょうか。

進学準備がこまごまとあったので、わが家は今年はどこにも出かけませんでした。

 

わが家には「レジャー費」がない 

ところで、わが家の家計には「レジャー費」という費目がありません。

 

なぜなら、休日に3人(だんなさん、子ども、わたし)とも家から出ないから、お金がかからない。

究極の「インドア派」です。

 

ほぼ0円で休日を過ごしてます

いくら家にいても、お金がかかる趣味を持っていたら、レジャー費というか、「趣味費」がかかりますね。

 

その点、わが家は無趣味というか、お金がかからない過ごし方をしています。

 

典型的な休日の過ごし方をご紹介すると、

わたしと子ども・・・・・・読書書くことが趣味なので、ほぼ動きません。読書に飽きたら、わたしはブログを書いたり、その横で子どもは小説(創作した物語)を書いたりしています。

 

だんなさん・・・平日はなかなか見る時間がないので、休日は撮り溜めしたドラマをずっと見ています。こちらもほぼ動きはなし。

 

赤外線センサーか何かで、休日のわが家を測定したら、「この家は3人反応があるが、ほぼ動かないな」と不思議がられるかもしれません。

動きのあるのは猫くらいでしょうか・・・。

 

食事もあり合わせのものでOK

そんなわけで、ほぼ動かないから、おなかも空かず、休日は小食です。

ごちそうも食べたいと思わないので、あり合わせのものでOK-と、どこまでも「お金使わない(使うところがない)モード」なのです。

 

旅行費はとってある

こんなわが家ですが、旅行費用はとってあります。

金額はおよそ、手取り年収の5%くらい。

 

共働き時代は、北海道や沖縄へ行ったりしていましたが、今はだんなさん分の稼ぎだけになりましたので、お出かけ先もつつましくなりました。

ある時はある時なりに、ない時はない時なりに、です。

 

わが家のレジャー費がかからない理由まとめ

わが家のレジャー費がかからない理由は、大きく3点にまとめられると思います。

 

・家族全員インドア派 

家で過ごすのが好きなので、特に出かけたいと思わない。

 

・お金のかかる趣味がない 

ほぼ無料で長時間楽しむことができます。

 

・家族仲が(そんなに)よくない 

一見よろしくないように見えますが、節約という観点から見ると、そんなに仲良しじゃないというのはあんがい大事?かもしれません。

 

知り合いに仲良し一家がいますが、どこへ行くにも皆一緒なのです。

そうすると、家族の誰かがちょっとした用事を足しに行きたいとすると、「じゃ、皆で行こうか。ついでにお昼も食べてこようか。ついでに、〇〇が行きたがってたあのお店も回ってみようか」となりがちなようなのです。

 

これだと、毎週「プチお出かけ」になってしまう。

1回5000円(食事や買い物など)としてもひと月にしたら2万円・・・。

 

そういう意味で、わが家は(そんなに)仲がよくない(一人でさっと用事を済ませる)ことも、「レジャー費0円」に貢献しているのです。

 

仲良しじゃなくてよかった♪ 

じゃなくて、本当は、(お金がかからない)仲良し一家が理想です。

 

全然すてきではない過ごし方

「お金がかからない過ごし方」というと、賢い休日を過ごしているように聞こえますが、要は特別な趣味がないだけ。

 

貯まるけれど、すてきでも何でもないですね。

「節約していながらも、すてきな一家」がテーマの、雑誌の取材は絶対こないでしょう。

 

全然うらやましがられませんが、貯まりますよ。

よろしかったら、参考にしてください・・・。