そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

「皮むくの、めんどくさい・・・」。リンゴの皮は、ピーラーでむいちゃって下さい!

リンゴの皮は、ピーラーでむくと簡単です。

f:id:nekoneko29:20170418163250j:plain

すっごいいい方法みつけちゃった♪って思ってたましたが、ぐぐったら、けっこう一般的でした(笑)

 

頭とおしりをぐるっとむいてから、縦にしゃっ、しゃっとピーラーを動かしてください。

あっという間にむけます。

 

そして、それからがコツ②

「くし切りにしない」こと。

これやっちゃうと、種部分をくり抜かないといけないじゃないですか。

せっかくピーラーで楽したのだから、さらに楽しちゃいましょう。

 

芯部分を残して、角度を変えながら、食べやすい大きさになるよう、縦にざくざく切っていきます。

あっという間に切れますよ。

 

youtubeでまるきり同じことやっている人を見つけましたw

みんな考えることは同じ・・・。

www.youtube.com

見た目は悪いです、正直。

見た目? 何それ?な人におすすめします。

 

自分や家族だけなら、これでいいんじゃないですかね。

「こんなむき方して・・・。嘆かわしい!」とかいう人は放っときましょう(開き直り)。

 

器用な人、従来のむき方が苦にならない人はそのままやっていただきたく。

 

ともかく、皮をむくのが面倒だからリンゴを食べないなんて、もったいなさ過ぎ!

わが家はこれで、冬中「リンゴ生活」を満喫していましたよ。

 

「フランス製ピーラー」でしゃしゃっとむく職人さん、かっこいい!

 

わが家のあたりは「果樹地帯」でして、初冬にリンゴをコンテナでまとめ買いします。

そして、1日1~2個食べています。

 

毎日のことだから、いかに楽できるか考えて編み出したこの方法。

専用の「リンゴ皮むき器」を買わなくても、そこそこ便利でした。

 

リンゴのためだけに包丁とまな板、ピーラーを洗うのがめんどうなので、夕飯作りの時についでに2個てむいていました。

 

塩水につけてからお皿に盛って、食べたい人が食べたい時につまむスタイルで、1日かけて食べてました。

食べ残したら、タッパーに入れて冷蔵庫でもいいですね。

 

こんなふうに冬の間は「リンゴ漬け生活」を送ってました。

今年はなぜか注文量を間違えて、多めに届いちゃったんですよね。

いただきものも多かったし。

例年だと、ミカンも食べてたのに、今年はミカンの入るスキがないくらい、リンゴで埋め尽くされてしまった。

 

おやつもリンゴ、食後のデザートもリンゴで、3月後半にはさすがにうんざりしてきました(汗)

来年はもう少し、買い控えよう・・・。

 

  ・・・・・・  ・・・・・・   ・・・・・・

 

しかし、先日の記事といい、こんな時期に「リンゴのむき方」を書くって、なんて非タイムリー・・・。

また、秋になったら、思い出してやってくださいね。