そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

楽天お買物マラソン開催中! 楽天スーパーポイントで「ふるさと納税」はダブルでお得。

楽天でお買物マラソン開催中ですね。

【楽天市場】買えば買うほどポイントアップ | お買い物マラソン

 

「ふるさと納税」も買い回りにカウントされるので、この機会に寄付する人が多いんだろうなあ。

【楽天市場】ふるさと納税|納付先の自治体、寄附金の使い道が選べ、お礼の特産品や税金の控除もうれしい「ふるさと納税」

 

ご存知のように、楽天スーパーポイントでも寄付ができます。

(そして、それに対してもポイントが付く!)

ポイントがたくさんあれば、実質無料(現金を用意しなくていい)でふるさと納税できるので、すごくお得ですね!

 

ふるさと納税のためにポイントを貯めたいーという人が、普段から楽天でお買物をすれば、楽天の売上は上がるだろうから、うまいやり方です。

 

わが家は残念ながら納税者のだんなさんが楽天ではなく、amazon派。

なので、だんなさんの楽天アカウントにはポイントが貯まってないのです。

 

逆に私のアカウントにはけっこうあるけれど、無職なので(納税していない)意味なし・・・(涙)

現金で支払っています(支払うっていうのも、本来の主旨からいえばおかしな言葉ですね)。

 

もっとも、わが家は低所得ですし、そのうえ個人型確定拠出年金も満額かけているので、控除額が大きいです。

なので、「損しない」寄付額は2万5000円程度。

寄付先は慎重にしぼっていかねば。

 

とはいっても、低所得者の場合、最強の現物は「お米」かなと。

毎年お米をいただいてます。

 

寄付をする時はしっかりシミュレーションしないといけませんね。

こちらのサイトも見やすいです。

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 全国のふるさと納税を地域・特典・使い道から選べる

 

返礼品の過熱ぶりに総務省の指導が入り、「ふるさと納税まつり」も終わりかと思いましたが、お米は返礼率下がっていないかな?

低所得世帯としては、一安心(笑)

 

家電とか金券とかだと、高額寄付ができる高所得世帯にあまりにも有利です。

地域活性化のために―という本来の主旨に戻すのなら、「返礼品は一切なし」にしてしまえば、すっきりします。

 

ただ、納税者としては残念過ぎる・・・。

 

今後は、その地域を訪れてもらう体験型(宿泊券とか)や、こだわりの農産加工品(今も人気なようですが)が主流になっていくのでしょうか。

 

でも、わが家はずっとお米かな・・・。