そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

他人の期待はどこまでも続く。だから、もう期待には応えないことにした。

もうじき45歳になりますが、つくづく思うのは「他人の期待にはきりがない」ということ。

 

子どものうちは、いい学校に入って、名の知れたいい会社に入ってと期待され、卒業後は・・・

仕事ばかりじゃなくて結婚もしなきゃ。

結婚したら、子どもも作らなきゃ。

子どもが生まれたら立派に育てなきゃ。

子どもが巣立ったら、親の面倒を見て・・・

親の介護が終わったら、だんなさんの面倒を見て・・・

 

そういう「圧力」を感じませんか?

はあー、きりがないです。

「~しなきゃ」で人生終わりそうです。

 

わたし自身は親からは何も期待されず(それはそれで寂しい面もありましたが)、好きな会社に入り、好きなように生活してました。

周囲に比べて早めだった結婚あたりまでは、自由に過ごせていました。

 

結婚相手の選択はちょっと(だいぶ?)間違えましたが、まあまあ平穏に暮らしていました。

 

ところが、仕事が忙しかったこともあり、しばらく子どもを作らないでいたら、周りからの「子どもは?」攻撃のうるさいこと。

いやね、何気なく聞いてくるんです。悪気はない。

わたしだって世間話のついでに聞くことあります(汗)

 

でも、本人にすれば何度も何度もそう聞かれるとすごいプレッシャー。

 

ようやく子どもを作ることにして生まれたら、育休中にリストラに遭いました。

子どもを作ったらリストラされて、でも「子どもは?」と聞いてくる人は何の痛みも感じないわけで(当たり前か)。

いや、他人にせかされたから子どもを作ったわけではありませんから、いいんですけどね。

何か割り切れない世の中です。

 

そして、子どもが生まれてから数年後。

また新たな「攻撃」が始まりました。

 

「2番目は?」

「一人っ子はかわいそうだよ」

・・・疲れました。

1人産んだじゃーん!! 

 

これらのことから学んだことは、「他人の期待はどこまでも続くし、期待に応えても見返りはない」ということでした。

 

これから、子どもの進学や義両親の介護(今は元気ですが)など、「期待」が続くんだろうなあ・・・。

 

もうそういう期待に応えるのはやめたいと思っています。

できる範囲で、できるだけ。

それくらい力を抜いていこうと思います。