そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

【断捨離】買取業者が訪問してきたけど、わが家には売るものが何もないことに気づいた。

断捨離が(とりあえず)終了すると「売る物」が何もなくなります。

 

先日わが家に買取業者さんがやってきました。

f:id:nekoneko29:20170703151736j:plain

このチラシを手に、買い取ってくれる物をいろいろ説明してくれる業者さん。

「ブランドバッグはどうでしょう?」「切手類も買い取りますよ」・・・

 

へえ、そんなものまで買い取ってくれるんだーと話を聞きつつ、とは言うものの、

 

・アクセサリー→断捨離済み。店舗型の買取業者に金価格の高い時に買い取ってもらいました。

 

・金券類→買い物時にお店で使用してしまう。ふだん行く店で使えるものばかり。

 

・切手類→切手収集はしてないし、不要な切手は持っていない。

 

・ウィスキーなどの洋酒→基本的にわが家は飲酒しない。

 

・ブランドバッグ→持ってない。

 

・腕時計→高価なブランド時計は持っていない。

 

業者さんが言うもの全部、断捨離済み売却済みのものばかり。

そもそも持っていないモノも多い(洋酒、腕時計、ブランドバッグ)し。

 

そうやって見ていくと、今のわが家にあるのはほぼ全て「使っているもの」になるんだなあ。

あとは「思い出の品」くらいですね。

 

業者さんが帰った後、不用品がたーくさんあった数年前と比べて、感慨深いものがありました・・・。

 

というわけで、当り前ですが、断捨離が進むと「売る物」がなくなるという話でした。