そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

【自分に合った投資】ETFを買おうっと。『ETFはこの7本を買いなさい』を読んで、ストレスなく続けられそうな気がした。

このところ金融商品の入れ替えをしようと、あれこれ作業しています(金融商品の売却、口座の解約、関連本を読むなど)。

 

資産の大部分は投資信託と現金、年金なのですが、もっと維持費が少なく、でもリターンもある程度あるものに変えておこうかと。

資産といっても大した額じゃありませんが・・・。

 

現金のままでは増えない

一番の目的は「現金を減らすこと」。

 

現金で持っていても増えませんし、何といっても、こういった「遊んでいるお金」があると、つい個別株とかFXとか買ってしまって、結果やらかしてしまうんです、わたしの場合。

 

関連記事:損失から学ぶ人と学ばない人。投資で200万損してる! リーマンショックに学ばなかったわたし。

 

一番のリスクは自分

なので、お金たちを自分自身から守る(!)ために、安全なところに移したいのです。

 

何がいいかな・・・

 

自分に合った投資でなきゃ続かない 

ところで以前「配当金生活始めます」という記事を書きました。

 

関連記事:配当金生活、始めます。

 

あれは結局、速攻で挫折しました(汗)

高配当で長期に渡って成長しそうな株を探すのは大変なことだとわかったのです。

 

関連記事:「配当金生活」を始める前に障害があった。高配当&安定株を探すためには、よく調べなければ。 

 

『四季報』を買って調べ始めたものの、すぐに「これ、無理」ってなりました。

自分には合っていない・・・。

 

そもそも配当金生活をするほど貯金があるわけでもないし、収入も少ないので、最初から無理がありました。

 

やりたい投資方法を考えてみた 

というわけで、「自分(わが家)に合った投資」とは何か考えたところ、

・基本、ほったらかしでOK

・年間3~5%のリターンが欲しい

・でも、ある程度安定性も欲しい

コストが安い(手数料、年間維持費)

・大勢の人が買っている商品(流動性がある)

 

以上のような条件を思いつきました。

 

ETFがあるじゃないか 

これらを満たすものは・・・

そうです。

ETF(上場投資信託)がいいのでは?

そう思い当たり、まずは入門本を探すことに。

 

タイミングよく「モーニングスター」の朝倉さんがETF本を出してるじゃあありませんか!

 

ETFはこの7本を買いなさい―――世界No.1投信評価会社のトップが教えるおすすめ上場投資信託

 

さっそくポチして、kindleにダウンロード。

 

読んでみて、「よし、大部分をETFにしよう」と思いました。

買うのは朝倉さんおすすめの7本。

洗脳されやすいですw

 

本自体は初心者のわたしが読んでも、とてもわかりやすく、ETF入門編としておすすめです。

 

理想を言えば、ノーロードのインデックスファンドを毎月コツコツ買い、折を見て(暴落時とか)どかんとETFに変えるのがベストなんでしょうね。

(ETFは購入手数料がかかるので)

 

買うものが決まってすっきり

よし、買うものは決まった!

 

これであとは「いつ買うか」ですね。

 

これまで積み立ててきた「セゾン投信」とか利確して現金化してありますが、これを暴落時までそのまま寝かせておいていいものか・・・。

 

暴落なんていつ来るかわからないので、それまでただ待っているのかどうか、思案のしどころです。