そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

大腿神経痛の原因は「梨状筋」が固くなっていたせいだった! ストレッチしてほぐしたら楽になった。

今日は大腿神経痛が劇的によくなり、すごくうれしいです。

 

10日近く痛かった神経痛がなぜ、いきなりよくなったのか。

 

それは「梨状筋(りじょうきん)ストレッチ」をしたからです。

 

梨状筋とは

「梨状筋」て聞きなれませんよね?

梨状筋はお尻の奥にある筋肉です。

いわゆる「インナーマッスル」の1つですね。

 

ここが何らかの原因で固くなってしまうと、その近くを通る神経を圧迫し、痛みが出てしまうそうです(神経痛)。

 

わたしの場合、梨状筋が固くなっているようだったので(チェックしてみた)、さっそくこのストレッチをやってみたところ・・・

 

なんということでしょう!

痛みが引いて、足がスッスッと動くではありませんか(涙)

 

それまではギクシャクとした歩き方になってしまっていたので、びっくりしてしまいました。

何だ、こんな簡単なことだったのか。

 

梨状筋ストレッチ

そのストレッチ方法はこちら→梨状筋ストレッチは両足を「ハ」の字にして座る

 

筋トレのサイトみたいですが、ストレッチのやり方が一番わかりやすかったです。

わたしは「梨状筋を片足ずつストレッチ」というのをやってみました。

 

インナーマッスルの凝りを放っておいてはいけない

それにしても、この梨状筋が固まって引き起こされる障害について、整体や鍼灸の世界ではよく知られているようで、坐骨神経痛の90%は梨状筋症候群と述べている整体師さんもいます。

 

梨状筋が固くなっている」。

昨年ひどい腰痛になった時にお世話になった柔道整復師さんも確かそう言ってました。

 

それを思い出し、「梨状筋」でぐぐったらこれらのページにたどり着いたわけ。

早く思い出せばよかった・・・。

 

梨状筋が固くなる原因

梨状筋が固くなる原因は、

・長時間同じ姿勢でいる

・加齢(老化)

 

など様々なようですが、わたしの場合は昨年は農作業疲れ(疲労がたまった)、今年は寝冷え(暑くて畳や床の上で寝ていた)が原因だと思います。

 

要するに、緊張状態などで血流が悪くなり、そのため筋肉が固まってしまうことが原因かと。

ストレッチで固まった筋肉をほぐし、血流を取り戻してあげればいいわけですね。

 

症状に合わせた治療を

「もうこの神経痛治らないのかも・・・」

そんな悲観的な気分になっていただけに、このストレッチ法に出会えて本当によかった。

 

同じ症状でつらい思いをしている人の参考になればと思い、ブログにしてみました。

 

とはいえ、わたしはこれで劇的に楽になりましたが、ご自分の症状に合わせて適切な方法を取ってくださいね。

 

坐骨神経痛などは椎間板ヘルニアが原因となっていることもあるので、まずは病院で異常がないか検査してもらい、異常がなかったら接骨院で見てもらうとよいかと。

 

そこで「梨状筋が固くなっている」と言われたら、このストレッチをしてみるといいと思います。