そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

必要なものしか買わなければ、お金は自然と貯まる。ただし、その前に徹底的な断捨離をすべし。

お金を貯めるにはどうすればいいんだろう・・・。

 

試行錯誤する中で、たどり着いたのは

「欲しいもの」ではなく、「必要なもの」だけ買うようにすればいい、ということ。

 

関連記事→

【貯金】「欲しいものを買う」から、「必要なものを買う」にシフトすれば、貯金なんてかんたんです

 

こう書くと、

「それができないから、困っているんだよ」

という声が聞こえてきそうです。

自分もずっとそうだったからよくわかります。

 

では、どうすれば

「欲しいから買う」から「必要だから買う」へ

シフトチェンジできるのか。

 

私が思うに、それには徹底的な断捨離が一番いいです。

 

それも、ほどほどの断捨離ではなく、徹底的な断捨離、です。

(短期間でやらなくてもいい)

 

普通に生活しているとモノは溜まる一方。

 

その中にはまだまだ使えるものや、新品同様のものもあるはずです。

泣く泣く捨てる(でも、要らないということはわかっている)中で、

「どうしてこれを買ったんだっけ?」

そして、

「せっかく買ったのに、どうして使わなかったんだろう・・・」ということに、

嫌でも向き合わなければならなくなる。

 

モノと向き合うには、断捨離が一番。

 

まだ使えるモノを手放す。

わたしの場合、そういうつらい体験をして、

やっと、「必要なものとは何か」を考えるようになりました。

 

そういう経験をすると、むやみにモノを買わなくなります。

 

「本当にこれ使う?」「どうしても必要?」

わたしの場合も、熟考を重ねて買うようになりました。

そして、結果的にお金は自然と残る。

 

貯金したい、片付けたい(貯金の少ない人の家はたぶんモノであふれている)と同時に思ったら、

順番としては、まず片付けや断捨離から取り組むといいです。

 

断捨離が一区切りつく頃には、貯金ができる人に変わっているはず。