そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

「お金を使うチャレンジ」もたまには必要。節約が身に沁み込み過ぎて、本当に食べたいものが買えなくなる。

お金を貯めようと思って、あれこれ節約技に取り組んでいると、

そのうちそれが当たり前になってきます。

 

自分の場合ではたとえば、水道の水量でいうと、

それまではジャージャー流していたのが、

節約を意識してからは「鉛筆出し」(鉛筆の太さの水量)になり、

今ではそれが当たり前に。

 

最初はすごーくストレスが溜まったけれど、

洗い方を工夫したら、「あれ? これで十分すすげるじゃない!」となり、

そうこうするうちにそれで十分だと思えるようになったのでした。

 

今では、「水をジャージャー流しながら洗い物をすること」が

ストレス解消の1つになるくらい(たまにやると、とっても気持ちいい!)、

「鉛筆出し」が身に着きましたよ。

安いストレス発散法ですw

 

 

まあ、そういう節約生活をしていると、

食生活もだんだん質素になってくるわけです。

 

加工食品や総菜をばんばん買っていたのが、

今ではほぼ「素材買い」(肉や魚、牛乳など)。

 

その素材買いも、「肉だったら、当然鶏肉でしょ!」と、鶏肉一択になってしまって、

牛肉なんて、わが家には恐れ多い状態にまでなってました。

 

・・・でも、

久々に食べた牛肉が、しみじみおいしかったんです。

 

そこで、「節約生活=鶏肉を食すべし」に凝り固まっていた自分に気づきました。

 

お金を必死に貯めなきゃいけない段階では、鶏肉ひとすじでよかったかもしれないですが、

しかし、貯まったら、たまには好きな肉を買うようにすればよかったんです。

 

それなのに、ずーっと「節約、節約、節約・・・」と唱えていたから、

「食べたいもの」を忘れてしまったのです。

悲しいですね!

 

というわけで、昨日は牛肉を買っちゃいましたー

大好きなローストビーフを作ります。

 

 

使う時は使う、貯める時は貯める。

このバランスが本当に難しいんですよね。

どちらかに偏っても、いいお金遣いとはいえないでしょう。

 

おいしいローストビーフを食べながら思ったことは、

「ああ、あれ食べとけばよかった・・・」という後悔が1つ減っただろうこと。

 

いつまで生きられるかなんて誰にも分らないのだから、

「ベビーチーズばかりだけでなくて、カマンベール食べたかったなあ・・・」なんていう

(小さい)後悔は少しずつ減らしていきたいものです。