そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

「お金がない」といいつつ、生活を変える気がない人は放っておこう。

身近にいませんか?

お金がない」っていう人。

 

そして、「それなら、こうするといいよ!」と節約アドバイスをするも、

「でも、それはできないな」とやんわり拒否する人。

 

節約はしたいけど、あれもこれも生活レベルを下げたくない。 

そういう人は放っておくに限ります

 

これまで、そういう場面に何度となく遭遇して思ったことは、

意地悪で言っているんじゃなく、

「その時」が来ないと、人は生活を変えることはできない

ということがわかったから。

 

「その時」っていうのは、

その人がやる気になった時のことです。

たいていは、生活が行き詰まりそうな時、

つまり、追い詰められた時ですかね・・・。

わが家もそうでした(汗)

 

本当はそんな風になる前に、生活を改められるといいんですが、

人間、いったん上げた生活レベルを下げるのはなかなかできません。

危機感を感じて、やっと生活を変えたという人は多いはず。

やたらと生活レベルを上げると、後が大変です。

 

 

お金の使い方はその人そのものなので、

本人だって簡単には変えることができません。

ましてや、誰かに言われてできるものではないです。

 

なので今後は、「お金がないわー」という人がいても、

本人が「このままじゃ、まずい! なんかいい節約方法ない?」って聞かれる時まで

「この人、まだ余裕があるんだ」と、

生暖かく見守っていこうと思います。

 

子育て世代は教育費がかかる上、さらに住宅ローンも抱えていて

生活が苦しい人が多いです・・・。