そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

結局のところ、欲しいのは「自由」だった。

30代の頃はせっせと節約と資産形成に励んできたのですが、

40代半ばとなった今、

あの頃はなぜあんなにお金が欲しかったんだろうと思います。

 

節約を始めた当時は、セミリタイアとか考えていたわけではなかったんですよね。

貯金が少なかったのもあり、とにかくお金を貯めたかった。

 

ひたすら、お金、お金、お金。

どうすればもっと節約できる?

どうすればもっと増やせる?

頭の中はそればっかりでした。

 

それが楽しくもあり、夢中でした。

 

そうして、ある程度ですが成果(貯金)ができたところで

燃え尽き・・・

仕事を辞めたわけです。

 

今も変わらず資産形成に関心があり、継続中ですが、

ひところの情熱はもはやありません。

 

あんなにお金、お金って言ってたのに。

不思議なものです。

 

結局のところ、自分にとって

お金は自由を得るための手段に過ぎなかった、ということ。

なので、ある程度の自由が手に入った今、

お金に対する執着が薄れたんでしょう。

 

 

お金なんてある程度あればいい。

 

それはお金の(すごく)ある人のセリフであって、

庶民の自分には関係ないと思っていました。

お金はあればあるほどいいに決まってる。

 

それが今は、「・・・まあ、いいや」的な落ち着きが

出てきていて、自分でもびっくりです。

 

いや、欲しいですけどね、お金。

降ってくるならダッシュで拾いに行きますw

 

ただ、貴重な時間と交換してまで欲しいかと聞かれたら、

いらないかな、と。

そんなふうに思うようになりました。

 

結局のところ、欲しかったのは「自由(時間)」であり、

お金はそのための手段だったんだなと

改めてわかったというわけです。

 

・・・こんな風に思うようになったのは

年取ったせいかもしれませんねえ。

 

ま、来年あたり、

やっぱ、世の中金だね!なんて言ってるかもしれないし、

それはわかりませんが。