そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

年を取って友だちとバカ話ができるようになった。気楽に生きたければ、余計なプライドは捨てるべし。

年齢を重ねたせいか、友だちと「バカ話」ができるようになりました。

 

子ども時代は感受性豊かというか、繊細なために、

社会人になってからは妙なプライドがあって、

友人ともバカ話はできなかったのです。

 

笑えるようなおバカな失敗の経験が少なかったのと(実際にはいろいろやらかしているはずですが)

実にまじめに生きてきたので、今思えば笑いの少ない人生でした。

 

 

それが今や、友人たちと話す内容といえば、バカ話中心w

 

40代になってくると子育て話以外では

・健康話(どこそこが不調だ、どこどこの病院が評判がいいとか)

・老化話

この2つが話題のツートップになってくるかと思います。

 

特に盛り上がるのが「老化話」でして、

・会話に「アレ」「ソレ」がやたらと増えてきた

・固有名詞が出てこない

・小さい字が見えなくなってきた(老眼)

とかです。

 

 

最近だと「物忘れネタ」が最高に盛り上がりました。

 

わたし「この前さあ、左手にはさみ持ちながら、はさみ探しちゃったよ!」

 

友人たち「えーっ!?」「あはは、それやばいねえ!」

 

友人A「わたしも物忘れするようになってきたから、忘れちゃいけないことは

スマホのアラームかけるようにしてるんだよ。

だけど、最近はアラームが鳴っても『はて、何のアラームだったっけ?』って

それさえ思い出せなくなっちゃったー!」

 

わたしたち 「ぎゃはははっ、それじゃあ、どうすんのー」

      「だははは、アラームの意味ないー!」

 

 ・・・もはや品も何もあったもんじゃありません。

でも、楽しい。

 

こんな風に、気の置けない友人とバカ話をしていると、

本当に楽しいです。

1品持ち寄りの自宅お茶会なので、お金もかからない。

 

加齢とそれに伴う変化は誰にでも訪れるものなので、

気取ったってしょうがないですね。

むしろ、皆と話が合うようになって、年齢を重ねるのも悪くないなあと思います。

 

暮らしから無駄なものを排除するだけでなく、

心の中からも、余計な自尊心を捨てれば気楽に生きることができますね。