そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

45歳になってようやくお金の使い方がわかってきた(遅い)。

お金は適正な金額を、自分が満足することに使う。

この年(45歳)になってようやくお金の使い方がわかってきました。

遅いw

「適正な金額」というのは「予算の範囲内」と言い換えてもいいでしょう。

 

 

先日、「芸術の秋」ということで市内の美術館を訪ねました。

 

工芸作家さんによる現代アート展だったのですが、これがよかった!

現代アートといっても難解で意味不明なのじゃなく、一般人にも十分理解できて楽しめるものでした。

 

木を使った工芸品でしたが、美大卒の確かな技術に裏打ちされた、ほのぼのとする作風に癒されましたね。

アートの力はすごいです。

とっても満足して美術館を出ました。

これで、入館料300円也。

 

 

その後図書館に寄り、予約してあった本を受け取ってから、お気に入りのカフェへ。

紅茶を飲みながら本を読みました。

本は当然ながら無料、あとは紅茶代250円也。

 

(ビットコインの勉強をしようと思って『ブロックチェーンの衝撃』という本を借りたのだけれど、

これがとんでもなくおもしろい。

先日借りた『テロメア・エフェクト』と合わせていずれ紹介したいです。

2000円を超える翻訳書に当たりが多いのはなぜだろう・・・)

 

 

はー、本当に優雅な数時間を過ごせたなあ。

これでたったの550円。

 

 

どうやら自分はアート的なものに触れること、カフェでお茶すること(お気に入りの本と一緒なら、

さらにいい)に価値を感じるらしい。

 

ここにたどり着くまでずいぶん遠回り&散財したけど、自分が何に満足するのかわかると、

工夫すれば安上がりに楽しめていいですね。