そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

毎日よく使うものは、多少高くても気に入ったものを買うべき。

このマグカップ、1万円しました。

f:id:nekoneko29:20171002101421j:plain

 

マグカップに1万円・・・?と思う人も多いはず。

でも、ちっとも後悔してません。

 

毎日頻繁に使うものは、財布の許す限り、本当に気に入ったものを買うべきですね。

 

 

このマグカップに出会ったのは2年前の金沢でした。

 

その前まで使っていマグカップが古くなってきたこと、趣味が変わってきたことから、

2~3年ほど新しいマグカップを探していたころでした。

 

たかがマグカップといえ、なかなか気に入ったものが見つからず、半分やけになって

「まあまあ気に入ったもの」を買うも、そういったものはしばらくすると嫌になってしまう。

 

最初に感じた10%から20%の「何か違う」感が日を追うごとに膨らんでしまうという

繰り返しでした。

 

そんなことを3回ほど繰り返して、「本当に気に入ったのに出会うまで、もうマグカップは

買わない!」って決めました。

 

 

そんな時に、金沢旅行で立ち寄ったお店で出会ったマグカップ。

 

大きさや形はもちろん、色合いや柄など一目で気に入ってしまいました。

ただ、お値段は1万円。

 

作家さんの1点ものだから高いのは当たり前とはいえ、その価格にびびってしまいました。

 

でも、ここで買わなかったら、またマグカップを求めてさまようことになってしまう。

そう思って、買うことにしたのです。

 

 

思い切ることを「清水の舞台から飛び降りる」といいますが、それこそ清水の舞台を

3段重ねたくらい「えいやっ」と思い切り、買ってしまった!

 

一緒に行った母親と娘は「1万円もするの買ったの⁈」と、目を丸くしてましたっけ。

 

 

そのマグカップ、今はどうかというと・・・

結果的に購入は大正解で、毎日使うたび「すてきだなあ。やっぱり買ってよかった」と思います。

 

 

この前、1回あたりの「使用料」を計算してみました。

コーヒーを飲んだり、食事のたびに使ったりで毎日10回は使うので、

1万円÷(10回/日✖365日✖2年)≒1.4円/回。

 

1回あたり1円ちょっとでした。

それで、この満足感なので、元は取れてます。

思い切って買ってよかったなあ。

 

 

ただ、この買い物ができたのは、旅先での高揚感がなせる技ともいえて、ふだんの金銭感覚を

忘れてしまう「旅先マジック」がなければ買えなかった。

 

もし日常で出会っていたら買えていたかどうかは不明ですね。

 

逆に、衝動買いでなければ、すばらしく気に入った日用品を旅先で買うのは「あり」でしょう。