そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

倹約体質になると、お出かけしてもお金を使わないでいられる。

今日は亡き母の誕生日。

その母が好きだったケーキを食べに出かけてきました。

 

そのケーキ屋さんは駐車場がありません。

観光地の中にあるので公営の駐車場も料金が比較的高く、バカにならないです。

「1日500円」みたいな設定で、ちょっと利用するだけの場合は使いづらいし。

 

今までは「高いなあ」と思いつつそういった駐車場を使っていたのですが、今日は出かける前に

思いついて調べてみました。

そうしたら、「無料」のところがあるじゃあありませんか!

知らなかったあ~、今まで払った駐車場代のことを考えると、悔しすぎる・・・。

 

その無料駐車場はメインストリートから少し離れたところにありますが、500円が浮くなら

何てことありません。

ウォーキングも兼ねてのお出かけなので、むしろ好都合。

 

無料駐車場を目指し、喜んで出かけました。

「無料」の響きに無性にうれしくなる貧乏人ですw

 

 

さて、お目当ての駐車場に車を止め、さっそく散策開始!

 

以前のへなちょこな自分だったら、行きたい店すべて目の前まで車で横付けでしたが、

筋力がついたので歩くのはへっちゃらになりました。

 

歩き慣れてる都会の人には当たり前のことでしょうが、田舎では「玄関から目的地駐車場まで

車」が基本なのです。

だから、わずかな距離でも歩くことには抵抗感を持つ人が多いんですよ。

 

 

行きたかった直売所や新しくできたジャム屋さんなどをのぞき、紅葉の小径(散策路が整備されて

いる)を歩き・・・

ただ歩くだけで、とてものんびりできました。

 

雑貨屋などで心惹かれるものもありましたが、買うほどではなかった(必要なものではない)ので、

何も買いませんでした。

 

以前はお出かけの浮かれ気分で「ま、いっか♪」と買ってしまい帰宅後に後悔していたので、

えらく進歩したなあ。

 

 

6000歩ほど歩いて小腹が空いたところで、喫茶店併設のケーキ屋さんへ。

毎年秋になるとここのケーキを母と「おいしいね」と食べていたんです。

 

今年は1人・・・。

出されたケーキは相変わらずおいしかったけれど、やっぱり2人で食べるのにはかなわない。

 

お母さん、誕生日おめでとう。

今日は1人でここのケーキ食べにきたよ。

 

 

ここのは個人的には「世界一おいしいモンブラン」だと思っていて、これを食べると、

「ああ、生きててよかった!今年も食べられて、ありがたい」って思います。

 

そんなことを言うと、母は「何を大げさな」といった表情をしていましたが、その母は

あっという間に亡くなってしまいました。

やっぱり、生きているってことは「有難い」ことなんです・・・。

 

そんなことを思いつつ味わっていたら、涙がにじみそうに。

女1人で(他は全部友だち同士や夫婦だった)泣きながら食べてたら、すごいびっくりされる

だろうから、食べ終わるとそそくさと店を後にしました。

あぶなかったw

 

 

それから、注文時がんばったことがあって、ケーキ1個だけって体裁を考えるとあれなので、

飲み物もつけなきゃいけないような気分になったのですが、「車にコーヒーあるし!」

(水筒に入れて持ってきた)と思い直し、勇気をもって?ケーキ1個を注文したのです。

 

「見栄」で飲み物まで注文してしまうことってありませんか。

そのお店のコーヒーや紅茶をどうしても飲みたいわけではなかったので、自分的には

我慢したわけじゃありません。

店員さんには「・・・ケチなお客」と思われたかもしれませんが、それは知ったこっちゃない(^^;

 

そんなわけでケーキ屋さんでの支出は、モンブラン1つのみ400円でした。

 

 

帰り道に、娘とだんなさんにおみやげのメロンパン1つ(200円)を購入。

ケチって1つだけ買ったわけじゃないですよ。

食べるのは夕食後なので、半分ずつでいいかなと思ったんです。

 

娘はニキビに、だんなさんは中性脂肪の増加に悩まされているので、これでいいのです。

(2人ともケーキはあまり好きじゃないので、メロンパンにした)

 

以上、本日の出費は

・ケーキ 400円

・メロンパン 200円

・ガソリン代 400円

合計1000円のみでした。

 

 

倹約体質になったので、勢いに任せて使い、後で後悔・・・というのもなくなり、純粋にお出かけだけ

楽しめるようになりました。

 

別にお金を使わなくても楽しさは減らないです。

こうなると、お金は減らないうえに、楽しめるので最高ですね。

 

 

帰り道、みごとな虹が出ていました。

まるで母からのプレゼントのよう・・・。

 

お母さん、あたし、来年もあのモンブラン、きっと食べに行くからねー!