そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

お金は使えば、減る。

検索からよく読まれています。

 →欲しいものを買っても、貯まる理由。

 

欲しいものの数を減らせば、欲しいものを買って貯金もできるよという話を書きました。

検索から来た人は「好きなだけ欲しいものを買って、貯金もできる方法があるの?!」という思いで読み始めたと思います。

なので、読んでみてがっかりしたかもしれません 笑

そんな方法があるなら逆に教えてもらいたいです・・・(´_`)

 

 

わたしが考える「欲しいものを買っても貯まる」方法を改めて書いてみると、

1、欲しいものの数を減らす。

2、欲しいものの優先順位を決める。

この2つです。

 

1と2の両方を一緒に実践してもいいですが、1はすぐにできません。

物欲を減らさないといけないので、少しハードルが高いです。

 

欲しいもののを数をどうやって減らしたらいいか。

それには断捨離をすることが効果的です。

断捨離をすると思った以上に捨てるものがあり、いかにムダな買い物をしてきたかに気づきます。

お金をゴミに換えていたことにショックを受けるでしょう。

で、物欲も自然に収まるという。

いわばショック療法ですね。

 

 

2はすぐに取りかかれて即効性がある方法です。

欲しいものを書き出して優先順位を決めるだけなので、すぐにできますね。

あとは予算と相談して買えそうなら買えばいいし、予算オーバーするなら貯めてから買えばいい。

この方法のいいところは、衝動買いを防げることと予算管理ができるということでしょう。

 

 

ふつうに考えて、欲しいものを手あたり次第買って、お金が貯まるはずはない。

お金は使えば減ります。

 

「お金は使えばなくなる」という当たり前のことが以前のわたしはわかってませんでした。

何を考えてたんでしょうか。

いや、何も考えてなかったんでしょうね・・・

 

ちょこちょこ、時にはドーンと使いながら、使っている意識がなかった。

 

それで「貯金が増えないなあ」と思っていたという。

そんな暮らしを10年続け、これではいけない!と意識転換を図ってやっと「貯まる生活」になりました。

 

 

□「お金の使い方」を深く考えるきっかけになった本です。