そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

「DMM光」の申し込みをキャンセル。固定費(通信費)を増やさない。

先日、「DMM光」は安くていい!と喜んで申し込んだばかり。→「DMM光」に加入を決めた2つのポイント。

 

ですが、本日申し込みをキャンセルしました。

理由は「思ったより月額料がかかることがわかったから」です。

 

そもそもDMM光にしようと思った一番の理由は、戸建てにのみ適用される 「2段階定額プラン」が月額3,720円(税抜)と安かったから。

このプランは使用量に応じて料金が増えていく仕組みなのですが、うちは動画見ないし、これでいけるっしょ♪ とよく調べもせずに申し込んだのです。

 

申込から数日後DMMから確認の電話がきて、長い説明をぼーっと聞いていました。

途中で、一応確認しておこうと思って「3,720円で収まるインターネットの使用量ってどれくらいですか?」と聞いたところ、オペレーターさんはおっしゃいました。

「はい、月に3時間ていどです」

もう、耳を疑ってしまいました。

え? 月に3時間?

1日3時間はネットしてるんですが!

 

どうやら3,720円で収まる人というのは、ネットはほんとに最低限の調べものくらい(なんせ「月に3時間」ですからねえ)の人らしい。

じゃ何のために光に加入するかといえば、電話を安く使いたいからではないか―ということでした。

(光電話の通話料はそんなに安いんですかね・・・)

 

確かに、DMM光のサイトには申込時の使用量の目安は書いてありました。

でもこの目安、あまりよくわからなかったんですよね。

よく調べなかった自分がいけなかったんですが、オペレーターさんが言うような表現の説明書きがあればよかったのに (-_-;) と思います。

 

 

そんなわけで、わが家の使い方に適していて一番料金が抑えられるのは「2段階定額プラン」ではなく、「定額プラン」でしょう、ということになりました。

それだと、

 定額プラン+光電話+ルーターで月額5,853円(これは税込)

になってしまうんです。

加入時のキャッシュバックと同時に申し込んだ「モバイルセット割」を引いても、月額約4,400円。

想定の金額より、そして現在のADSL回線より1,000円以上高くなってしまいます。

 

果たしてそれだけの価値はあるか。

この金額になると、そこまでして光回線にしたいのかわからなくなってきました。

 

遅いけどADSLでもインターネットは使える。

しかも、安い。

どうしてもというものでない限り、固定費はかんたんには増やさないことにしてます。

 

そんなわけでしばらく悩みましたが、まだ開通前ならキャンセルできるとのことで、今日キャンセルしてしまいました。

オペレーターさんが話しやすい人でよかった。

何の契約でもそうですが、特に長期のはよーく確認してから申し込んだ方がいいですね。

反省。

勉強になりました。

わが家はADSLがなくなる(と言われている)2025年までたぶんこのままでしょう。

 

 

□すごい安い! おすすめ!と書いて、それを読んでもし申し込んだ人がいたらすみません。

でも、DMM光の料金はたぶん他プロバイダとそんなに変わらないと思う(月額料が安いところは回線撤去費用や契約解除料を取る)し、「更新月がない」点は相変わらずおすすめだと思っています。

条件が合う方はどうぞ。

 今なら工事費用が無料!DMM光