そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

お金は使い方がすべて。

貧乏になるのもお金持ちになるのも「お金の使い方」の問題。

『おカネは「使い方」が9割』という本があったけど、そういう意味ではお金は「使い方がすべて」といえます。

 

イケハヤさんの昨日の投稿に同意。

貧乏人がいつまでも貧乏なのは、お金の使い方が間違っているから : まだ仮想通貨持ってないの?

 

貧乏人がいつまでも貧乏なのは、お金の使い方が間違っているから。
未来につながらない浪費(パチンコ)でお金を失い、価値のないものを買わされ借金を背負わされる(35年ローン)。
自分の未来、誰かの未来をよりよくするために賢くお金を使えば、かんたんに豊かになれますよ。

 

自分自身を振り返ってみると、20代は浪費ばかり。

「これは自分への投資だ」と思って買ってたのもあったけど、使い方に一貫性がなかった。

衝動買いも多くて、家中モノでパンパン。

その当時買ったものはもう残ってないから、いわば「ゴミ」を買っていたようなもんですね。

 

そんな10年を送ってたから30歳になった時貧乏だったのは当たり前の結果でしょう。

貯金のない状態が怖かったです。

そのタイミングで断捨離を知り、買い溜めた大量のモノを捨てながら「もうゴミは買わない」と決めました。

 

それから勉強して「資産」を買うようになって10年。

いつの間にか、ゆとりのある暮らしができるようになってましたよ。

 

「ゴミ」を買ってたら貧乏になるし、「資産」を買えばお金持ちになる。

それだけのことだったんです。

 

 

ゴミ(負債)と資産の違いを知るには、やはりこの本がおすすめ。