そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

家事の「値段」はいくら?

家事っていくらやっても0円。

張り合いがない・・・。

なので自分で勝手に「値段」をつけてみました。

 

といっても実際に給料がもらえるわけではない「エア給料」。

期待しないでご覧ください。

 

「時給」の計算方法

自分がやってる家事労働って市場に出した場合、いったい時給いくらなのか?

1か月あたりの「給料」は?

ふとそんなことを思ったんですよ。

 

見当もつかないから、下の考え方で計算してみました。

(「機会費用法」など給与換算の計算式は複数あるようです)

 

 ・1カ月の家事労働給与を「だんなさんの月給の半分の金額」と仮定(特に根拠はなく、「専業主婦が離婚時に財産の半分をもらえる」という話より設定してみた)

 ・これを、実際の1か月分の家事労働時間で割る

これだけ w かんたんな計算ですね~。

 

時給はいくら?

このテキトーな計算式に当てはめてみると・・・

  24万/2 ÷ (1日3時間×30日)≒ 1,300円/時

 

今の時給は1,300円でした!

 

この計算式の妥当性はおいといて、毎日3,900円分家事をしてることになるのか。

月給ではおよそ12万。

がんばってるような、大したことないような。

 

家事労働を具体的に計算してくれるサイトがありましたよ。

あなたの家事は月給いくら?|家事代行のベアーズ

これだと・・・

f:id:nekoneko29:20180703083353p:plain

21万6,348円!

なんなんだ、この差は。

 

以外に洗濯とかの時給が高くて、ここには写ってないけど朝ごはん作りの単価(手抜きバージョン)が低い。

他の家族より(少し)早起きしてるのに・・・。

ますますやる気がなくなりました w

 

時給を上げていくには

ベアーズさんのシミュレーションだと金額が高過ぎて現実味がないから話を元に戻します。

 

先ほどの計算から求められた家事労働(掃除、洗濯、食事の支度、買い出しなど)の時給1,300円てどうなんでしょうか。

安いのか、高いのか?

個人的には2,000円くらい欲しい気がする。

 

家事代行の時給は東京あたりだと1,800円くらいですかね。

 参考:家事代行 時給の求人 | Indeed (インディード)

 

よし、とりあえず時給1,800円を目指してがんばるぞ!

 

「時給1,800円」にするには

とはいえ、もらってない給料を上げられるはずはなく。

(まあ最初から机上の空論だけど)

取れる手段は、「家事労働時間」を短くする。

これしかありません。

つまり、家事にかける時間を減らす。

ズボラ主婦にとっていい流れ w

 

さあ、さっそく計算してみましょう。

どれくらい家事労働を減らせば時給1,800円になるのかというと・・・

 x=24万/2 ÷ 時給1,800円 ÷ 30日

   =2.2時間/日

1日あたり「2.2時間」。

2時間ちょいで家事を終える必要がありますね。

これはけっこうハードルが高い。

 

家事時間を短縮するには

今1日3時間家事労働に使ってるけど、「時給1,800円」にするには「2.2時間」に減らさないといけないことがわかりました。

これは口で言うのはかんたんだけど、今より3分の1の削減、1時間近い短縮です。

「ともかくがんばってやる」では絶対クリアできないでしょう。

 

家事時間を減らすには 

取れる方法は、

 ・不要な家事を減らす

 ・家電導入による効率化

 ・家事の外注

といったところですかね。

(家族が協力的なら、それぞれにできることをやってもらう「家事の分散化」もありだけど、わが家はムリなので選択肢に入れませんでした 涙)

 

すっかり忘れてたけど年初には家事を1日6時間もやってたみたい。

 関連:今年は「やらないこと・やめること」を増やす。「家事は1日5時間以下にする」を加えた。

 

昨年末、個人事業主になったから仕事時間を増やそうと決意。

 関連:「家事を毎日がんばる」という努力と、「家事そのものを減らす、合理化する」という努力。

 

少しずつ手抜き 家事の合理化に励んできたのでした。

 関連:この冬発見した家事ハック2つ(大したことないやつ)。

 関連:三菜も必要なの? 土井善晴さんの「一汁一菜でいい」は食事作りの「断捨離」だ。(これはだいぶ前の話)

 

そんなわけで自慢できることかわからないけど「家事を減らす」のはほぼできてるから、やれるのは「家電導入による効率化」と「家事の外注」かな。

  

今欲しい家電は「ルンバ」と「ドラム式洗濯乾燥機」。

高いので「家電積立」を前倒ししようか思案のしどころです。

 

家電の故障や買い替えに備えて毎月積み立て中。

 関連:家電買い替えに備えた積み立ての必要性を感じたので、一覧表を作ってみた。

 

「家事の外注」はネットスーパーの活用くらいですかね・・・。

 

けっこう役に立つ計算だった?

まあ仮定の上に仮定した適当な計算だったけど、1つの参考になれば。

家事って目標も時間制限もないから、わたしはついついダラダラやっちゃうんですよ。

しょーもない計算をしてみて、意外に現実的?な家事労働時間の目安ができてよかったかも。

 

浮いた時間でやりたいことはいっぱいあるし、もう少し「稼ぐ」ことにも時間を使いたいんですよね。