そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

何も買えないけど「ぜいたく」な暮らし。

仕事を辞めてもうじき丸6年。

途中で子どもの不登校、家族の病気や介護が短期間あったけど、おおむねのんびり過ごしてます。

 

「貧乏な専業主婦」にはなりたくない

久しぶりに会う人に「今どうしてるの?」と聞かれて「家にいるよー」というと、

 家にいる=専業主婦=優雅な暮らし

っていう想像が働くみたい。

 

たいていの人は共働きで忙しくしてるから「(働かなくていいなんて)いいなー」って言われるけど、

「でも、何も買えないよ」と答えると

「・・・・・・(それはちょっとね・・・)」て反応になることも w

 

みんなが憧れるのは「優雅な暮らしをしてる専業主婦」であって、「貧乏な専業主婦」ではないのだ。

 

自由な時間 > モノやお金

まあ、好きなものが買いたかったらバイトに出ればいいんであって、ほどほどに勤めても年間100万は稼げるでしょうね。

 

それをしないのは、わたしの場合 

 自由な時間 > モノやお金

だから。

 

「自由な時間」が何物にも代えがたいんですよ。

年間100万円出して「自分の自由な時間」を買っているようなもの。

 

時間があることが自分にとって一番「ぜいたくな暮らし」なんです。

 

モノが買えなくたって平気

「時間のある暮らし」を選ぶと、ほとんどの人はモノはあまり買えない生活になるでしょう。

 

いや、貯金はあるから買えるけど、わたしの場合もうモノにそんなに興味ないんですよ。

断捨離して物欲がなくなった(年取ったからという説もあり)。

 

どうしても欲しい家電(時短につながるもの)とかパソコン関係のもの(収入につながるもの)以外はいらないかな・・・。

 

わたしにとっては自由な時間の方が、モノより何倍も大事だから、これで大満足。

 

モノが買えなくたって平気だから働くのを辞められたんです(正確には個人事業主だけど)。

 

好きなことで稼げたら最高

とはいえ、生活が成り立ってるのはだんなさんのおかげなんで、大きなことは言えません (;^_^A

わたしも早く、好きなことで収入を上げられるようになりたいなあ。

 

好きなことをして稼げたら最高です。

 

 

暮らしを小さくすると自由な時間が手に入る。

その時間で自分の好きなことをすると「豊かな生活」になることを教えてくれた本です。

今60歳前後かと思うのでニートのはしり?のような方ですね。