そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

節約は才能。

節約できるのって1つの才能なのかもしれません。

 

節約は難しい 

節約するのって、生まれついての節約家以外にとっては難しいんですよね。

かんたんにはできないし、そもそも節約が苦手な人は物欲のコントロールができない。

 

支出がザルだと貯まらない

あ、これ、他人事みたいに書いてるけど、かつての自分のことでして・・・。

節約どころか衝動買いが大好きで、客観的に見て「それいるの?」というものも我慢できずに買ってしまってました。

 

そういうタイプの人は「ちまちま節約するより稼いだ方がいい」っていうけど、でもいくら稼いでも支出がザルだと貯まるものも貯まらないんですよね。

 

 関連記事:浪費は「バケツにあいた穴」。これを塞がずに労働時間を増やすのは愚かなこと。

 

「節約=ケチケチ生活」ではない

ところで、「節約=ケチケチした生活」って思い込んでる人って誤解してるんですよ。

本当の節約は、となり町に10円安いティッシュペーパーを買いに行くことじゃありません。

手間をかけずに、ザルの穴を効率よく塞ぐものなんです。

 

 関連記事:節約は「金額の大きなもの」「手のかからないもの」から。

 

残念な節約術と王道の節約術 

残念な節約術は、

 ・手間がかかるわりに効果が薄かったり

 ・モラルに反してたり(買うつもりがないのにスーパーの試食品を食べまくるとか)

 ・不衛生だったり(トイレの「小」を何回か溜めとくとか) するけど、

 

王道の節約術はそういったのと正反対。

手間はそんなにかからないけど効果は絶大なもの(固定費の削減など)から取り組むし、不必要にケチって周りを不快にさせることもありません。

 

 関連記事:節約のしどころ(優先順位)が違う。

 

節約できるとお金が貯まりやすい 

周りを見ても上手に蓄財してる人は必ずといっていいほど節約(節制)してます。

高収入な人が必ずしも資産があるわけでもないのを見ると、たとえそれより収入が低くても節約ができる人は蓄財効率がいいですよね。

 

 関連記事:「貯まる生活」とは。わが家は「これで貯まらなきゃおかしい」という暮らしをしてます。

 

節約の才能は磨くことができる 

「節約は才能」と書いたけど、浪費家の人もあきらめることはないと思います。

元浪費家のわたしも節約家(のはしくれ)になれたんで!

 

節約の才能は、やる気があれば後からいくらでも磨くことができるんです。

 

「貯金したい」という気持ちが大事

大事なのは「絶対貯金する」という強い気持ち。

それがあれば、少しずつ勉強しながら、きっと節約できるようになるし、貯金できるようになりますよ。

2人して浪費家だったわが家でさえ、貯金ができるようになったんで。

 

わが家もまだ道半ばなので、今後も一層「節約道」に精進していきます。

 

 

独自の「節約道」を読むのが楽しい1冊。