そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

「考えない人」は損をする。

「考えること」が苦手な人っていますよね。

 

 関連記事:世の中は「考えない人が大多数」らしい。

 

考えるのがめんどくさい

そういう人は何かお得情報、たとえば「ふるさと納税」とか教えてもらっても、めんどくさがってやらない。

ちょっと調べればできること(たとえば格安simとか)も考えるのがめんどくさいからやらない。

 

「考えること」が習慣になってないから、これまでやってきたこと、やり慣れたことを変えることができない。

 

わたしもそうでした。

「考えること」や「何かを変えること」がおっくうで、おっくうで・・・。

 

考えないと損をする 

でもそうやって変化を拒むことってほんと、損なんですよ。

世の中どんどん新しいサービスや制度ができてますから。

 

そのことに気づいてからは意識的に新しい情報を得て、できることはないか常に「考える」ようになりました。

 

頭(脳)は鍛えられる 

そうすると不思議なもので頭は相当使っても疲れなくなるんです。

むしろ頭を使わない日は気持ち悪い。

 

ところで先日パレオな男さんのブログを読んでてなるほど!と思ったのが、

 

・普段から小さな精神疲労を味わっておく

 

こちらは日ごろの心がけみたいな話で、なんでも日常的に細かく精神疲労を味わっておけば、頭脳がどんどんアデノシンに強くなっていくみたいなんですよ。

筋トレと同じで、使えば使うほど脳も疲れにくくなってくわけですね。

(「精神疲労に立ち向かう4つの戦略」のうちの1つ)

 

「何もやる気が起きない……」精神疲労に立ち向かう4つの戦略 | パレオな男

 

「使えば使うほど脳も疲れにくくなってく」ということが書かれてました。

 

脳も鍛えられる・・・。

わたし、体はプヨプヨですが脳はムキムキなのかもしれません w

 

逆に、頭を使わない人はどんどん退化してしまうともいえるでしょう。

 

筋トレと脳トレ 

現代は「情報の時代」なので、頭を使わない人はどんどん損をする仕組みになってます(実際の行動に移さないと意味ないですが)。

 

筋トレだけでなく、「脳のトレーニング」も怠らないようにしていこう・・・と改めて思いました。

 

 

パレオな男こと、鈴木祐さんの新著です。