そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

大学進学費用と目の前の贅沢

子どもからお小遣いをせびられて困っています。

そのたびに小競り合いが勃発・・・。

 

娘のお小遣い事情

わが家は年間のおこづかいをドカンとまとめて渡しています。

 

 関連記事:賢い「消費者」にな~れ! 中学生の娘にお小遣いを「10万円」渡してみた。

 

「え、そんなにあげてるの?」と思われるかもしれないけど、服代やら友だちとの遊び代やら日常で必要になるもの(制汗スプレーなど本人しか使わないもの)やら全部コミコミでこの金額なんで、決して多くはないでしょう。

娘も「これじゃ足りない」というんですよ。

 

臨時収入もあり!

しかも、この金額にプラスして親戚からたまにもらうお小遣いという名の「臨時収入」もそこそこあるんです。

親としては、これ以上欲しいっていうのは多過ぎー!と叫びたい・・・。

 

夏休みはお金の使いどころがいっぱい

夏は楽しいイベントが盛りだくさんですよね。

夏祭りに花火大会、友だちと映画に買い物にプール。

使うところに困りません。

 

そのたびに何だかんだいって、親の懐からかすめ取ろうとする w から、こちらも応戦してしょっちゅう小競り合いを繰り返してます。

 

その度に渡してたらきりがない 

これに負けて少額といえど渡してたらきりがありません。

これは戦いだ・・・

 

たしかに「ちょっとくらいあげてもいいかな?」と思わないでもないけど、心を鬼にして渡しません。

そもそも、年間でやりくりするようにといってすでにあげてるんだから。

 

「お母さんのケチ!」といわれのない罵詈雑言を浴びようと我慢する日々・・・。

 

目の前の消費より長期の目的が大事 

(娘の)目の前の贅沢に負けてたら、大学進学用のお金が貯まらなくなってしまう(そう言い聞かせてもなかなか納得しない)。

長期的に大事なものにお金を使っていきたい。

 

進学時までに500万貯めるため、今日も「お小遣いくれ攻勢」に耐えるのでありました。