そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

普段はそんなに凝った料理は必要ない。

毎日毎日、そんなに凝った料理を作る必要はありません。

少なくともわが家はそうです w

 

ミニトマトなんか洗ってそのまま(サラダにしないでミニトマトだけで)出すし、

        庭のトマト。完熟したのはおいしい

 

野菜料理だってせいぜいこんな程度。

   キュウリをマヨネーズで和えるといくらでもいけちゃいます

 

何ならキュウリも丸のままどーんと出しちゃう。

(味噌マヨをつけて食べる)

 

「夕飯づくりは30分以内」の理由 

まあね、そもそも「夕飯づくりは30分」と決めてるんでそんなに凝った料理はそもそもできません。

 

時間はあるんだから「30分」と決めなくてもいいんだけど・・・。

要するに料理が嫌いなんですな!(´∀`*)ウフフ

 

何で30分? 

とはいえ、以前はもっと時間かけてた時もありました。

共働きで忙しい中、1人でせっせと作って・・・

 

でも、ある時思ったんですよ。

「15分で食べ終わるのに1時間かけるの、アホらしくね?」と。

 

わが家は夕飯をじっくり味わって食べたり、会話を楽しむスタイルじゃないんです。

だから、正味15分で食べ終わってしまう。

 

そこに1時間とかかけるのは納得いかないんですよね。

楽しく、おいしく食べれれば時間かけて作らなくてもいいじゃん、てなりました。

そんなわけで食事時間(15分)×2倍の調理時間、30分が適当なところかと。

 

食費が安い理由はかんたん料理しか作らないから

毎日かんたんかつ適当な料理を生産しております。

    ズッキーニにマヨネーズをかけてオーブンで焼いたやつ

 

わが家の食費が一般的な水準から見ると安い理由はこんなところにもあるんだなあ・・・(;^_^A

 

 関連記事:節約家庭の食費はいくら? 家族3人で月4万は多いのかなあ・・・

 

今月は苦戦中 

今月は娘が夏休み中だったり、お盆があったりで食費が上がり気味のため、ツイッターにもつぶやいたけど赤字確定の模様。

やりくりする気が失せてます w

 

 

普段はかんたんでいい

普段の日(ケの日)はかんたんな料理でいいんですよ。

行事とか家族の誕生日とか特別な日(ハレの日)にがんばれば!

 

 関連記事:三菜も必要なの? 土井善晴さんの「一汁一菜でいい」は食事作りの「断捨離」だ。

 

もっともわが家はハレの日メニューも質素ですがね・・・

手間もかけなきゃ金もかけない w

 

 関連記事:さよなら、クリスマス。わが家は今年もローコストでした。

 

ま、食事作りは毎日のことなんで、気楽にいきましょ。

 

 

土井さんの「一汁一菜」の提案を読むと気が楽になりますよ。

献立作りの「苦行」から解放されちゃってください。