そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

金沢日帰り旅で竪町・近江町市場・ひがし茶屋街へ。

先日、日帰りで金沢へ行ってきました。

 若手作家さんの作品(左) 石川のPRキャラ「ひゃくまんさん」(右)

金沢といえば兼六園・21世紀美術館エリア、近江町市場、ひがし茶屋街が3大人気スポットかと思いますが、今回は兼六園はパスし、代わりに竪町(たてまち)方面を選びました。

 

竪町・新竪町ストリート 

まずは若者に人気で金沢の流行発信地であるという竪町・新竪町ストリートへ。

どんなところなんだろう。

・・・あれ、人がいない?

竪町も新竪町も人通りがありませんでした 汗

 

やっぱあれですかね、平日午前中だから・・・

ていうか、11時前だったから開店前だったのかな?

おもしろそうなお店自体はいくつもあるらしいので、今度は土日か祝日に出直します!

 

 参考:タテマチは金沢のファッションを牽引してきた街 | 金沢を観光してみたいかも

 

「犀星のみち」を散策 

気を取り直して、作家・室生犀星にちなんだ「犀星のみち」を散策。

     犀川沿いをのんびりと歩くのも悪くありません

こちらも観光客がいませんでした。

まあマイナーなところ(だろう)だから、こんなもんでしょう。

 参考:犀星のみち-室生犀星の不遇な年少期を偲ぶ道 | 金沢を観光してみたいかも

 

この後観光スポットである「にし茶屋街」へ行ったけど、ここも人はまばら。

年間観光客800万人以上を誇る金沢とはいえ、さすがに平日は空いてますねえ。

 

昼食は金沢B級グルメ 

小腹が空いたので香林坊エリアで人気のこちらの食堂へ。

金沢といったら海鮮でしょ、のあえて裏をかき、ガッツリ系のB級グルメを食しました。

名前からして興味を引く「宇宙軒食堂」さんの名物「とんバラ」(豚バラ定食)。

一見なんてことのない定食ですが、あっさりめの秘伝のタレでごはんが進みます。

夏バテの身に豚肉のビタミンB1が沁み渡る。

豚バラの脂と、ごはんもたっぷりなのでお腹いっぱいに。

 

参考:金沢B級グルメの決定版、宇宙軒食堂の「とんバラ定食(通称 バラ定)」 | ランチ情報 | WDF

 
近江町市場とひがし茶屋街はやっぱりにぎやか

元気が出たところで近江町市場とひがし茶屋街へ。

観光客でごった返してる。

みんなここにいたんだー。

ひがし茶屋街には着物姿の20代男女がたくさん。

流行りなんでしょうか。

ひがし茶屋街では「波結(はゆわ)」のクリームぜんざいを(写真左)。 

 参考:波結-hayuwa-(はゆわ)

 

この店は2階から茶屋街を一望できるとあって人気なんですが、混んでたため壁際の席に案内され景色は見えず。残念。

ぜんざいはおいしかったです。

 

前後しますが、「金澤屋珈琲店近江町市場店」で食後のアイスコーヒーを。

280円だったかな?

想像よりかなりおいしい。

 参考:当店のコーヒーについて|金澤屋珈琲店本店

 

なんでも金沢はコーヒー豆の消費量日本一に輝いたこともあるそうで、それだけ街なかのコーヒー店もレベルが高いんでしょう。

疲れが吹っ飛びました。

 

使ったお金

この日1日午前中から夕方まで遊んで使ったお金は・・・

  • 交通費 200円
  • 食事 680円
  • カフェ代 1,080円(ぜんざい800円、コーヒー280円)
  • みやげ 540円(石川屋本舗の「かいちん」、いわゆる琥珀糖、錦玉)
  • その他 260円 

合計 2,760円

 

交通費は公共レンタサイクル「まちのり」を使ったのでわずかで済みました。

(現地までの往復交通費は除く)

「まちのり」はいいですよ、おすすめ。

 

 関連記事:春秋の金沢観光、移動手段はレンタサイクル「まちのり」がコスパよくてびっくり。

 

食事はB級グルメだったため安かった(*^-^*)

海鮮丼だったら2,000円は超えるでしょう。

 

日帰り旅は支度も何もいらなくて気軽に行けていいですね(今回はクラッチバッグ1つで出かけた)。

また機会を作って出かけたいと思います。