そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

筋トレとスポーツと食事で体内年齢が20代になった。

先日、地域の健康チェックイベントに行き身体組成チェックをしてもらったところ、体内年齢が「20代」とのことでした。

 

体内年齢を20代にするという目標

春先から続けてるダイエット(無理のない運動+ゆる糖質制限)の目標の1つが「体内年齢を20代にする」こと。

今回の測定では「26歳」でした。

わが家の体組成計ではどんなにがんばっても32歳だったんで不思議だなと思いつつも素直にうれしかったです。

 関連記事:40代女性の「ゆる糖質制限+無理のない運動でダイエット」の戦略と目標。 

 

とはいえ、インボディ(お値段数百万)のような精密な機器で計ったわけではなく会場にあったのはタニタ製体組成計の上位モデル(数万円)でしかありません。

なので、あくまで参考値ということで。

 

体内年齢とは

体内年齢とは・・・

体内年齢は、体組成と基礎代謝量の年齢傾向から、どの年齢に近いかを表しています。

体組成計の測定項目の見かたについて|健康のつくりかた|タニタ

とのこと。

 

わたしの場合筋肉量が「標準」なのになぜ実年齢より20歳も若く計測されたかというと、たぶん体脂肪率が低め(マイナス標準=標準内のうちでも少な目という意味)だったからではないかと担当の看護師さんが説明してくれました。

たしかに(皮下脂肪は多いけど)内臓脂肪レベルは「3」ととっても少ないんですよね(9.5以下が標準)。

 

体内年齢が若くても誰にもわからない

インボディでの計測ではないことは念頭に置きながらも、とりあえず目標の「20代」がクリアできました。

この日の測定では他の項目(柔軟性や食事内容チェックなど)も現状で十分だから維持すればよいとのこと。

 

何冊も本を読み実践してきたことが間違ってなかったヽ(^。^)ノ

今後は堂々と健康オタクを名乗りたいと思います。

 

人に自慢するためにやってるわけじゃないけど、体内年齢がいくら若くたってブランド物のバッグや服みたく人にわかってもらえるでもなし。

つまらん・・・。

というわけで、ブログで自慢させていただきました(n*´ω`*n)

 

ボディメイクというか運動って健康にもいいし気分転換にもなるしいいですね。

しかも最初にシューズとかウェアとか用具を揃えればあとはほとんどお金もかかりません(筋トレなら0円でできる!)。

スポーツの秋でもあるので引き続き運動に励みたいと思います。

 

健診でも体組成チェックを 

自治体の健診でもインボディでの計測を取り入れたらいいのにって思いますよ。

自分の脂肪量の多さや、逆に筋肉量の少なさにがくぜんとするかもしれません。

人ってリアルな数値を突き付けられないと行動を変えられないので、健康習慣を身に付けるためにも効果的だと思うんだけどなあ・・・。

 

インボディが自宅にあったらいいのにって思うけど、数十~数百万もする機器を個人で買うことはさすがにできない。

高嶺の花すぎる。

 

だけど、一般的な体組成計なら手ごろな価格で買えます(数千円~)。

数値はあくまで参考程度にしかならないけど体組成計は一家に1台あった方がいいと思うんですよね。

1わたしもこの機器のおかげで運動がんばれてるんで!(*^-^*)