そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

ある時はあるように使い、ない時はないなりに旅する。

先日、紅葉が始まった軽井沢へ出かけました。

今日天気よさそうだなあ、そうだ軽井沢行こうって思って行きたい所にさっと出かけられるのがセミリタイア生活のいいところ。

 

今回もこの前の金沢と同様、レンタサイクルでの観光でした。

 関連記事:春秋の金沢観光、移動手段はレンタサイクル「まちのり」がコスパよくてびっくり。

何度か来ている軽井沢、今回は別荘地内をサイクリングしてから、ハルニレテラス周辺に遊びに行く予定。

駅前の「地産サイクル」さんで借りました。

受付のおじさんがおすすめルートをとってもていねいに教えてくれます。

もし予定より長く乗ることになったら後払いで追加すればいいとのことなので、とりあえず2時間でレンタル。900円。膝の痛みが心配だったので短めにしました。

1日借りても1,100円だから、そちらの方がお得ですね。

 

ところで観光地は何でも高いけど、軽井沢は特に物価が高くて1,000円のランチを探すのも一苦労。

そんな中お手頃価格で食事ができる「ストーブカフェ オキザリス」は貴重な存在なんです。

別荘地内を爆走してたらおなかすいたのでお昼にしよう。

最近の軽井沢では「軽井沢トースト」(フレンチトースト)というものが流行ってるそう。

今日はオキザリスのフレンチトーストを食べるのだと思ってがんばって自転車をこいでたどり着いた!ら、・・・定休日でした。

お店は調べてから行きましょう。

 

元来た道をしょんぼりと戻り、ベーカリー&レストラン 沢村でおみやげ用のパンを購入。

写真手前に写ってるバケット、お店のおすすめだけあって皮はパリッ、中はもっちりでおいしかったです。

長さ20㎝ほどのプチバケットだと1本160円。

 

その後、旧三笠ホテルへ向かうダラダラした坂を登る途中で膝が痛み出したため、残念ながら自転車は返却してハルニレテラスへは公共交通機関で行くことに。

軽井沢駅前からだと、しなの鉄道に乗り中軽井沢駅から無料シャトルバスで行くのが片道260円で最安のようだけど、本数が限られてるのと、ちょうど路線バスが出発するところだったのもありバス代460円をかけて向かうことにしました。

シャトルバスで行くより到着が30分早まるから差額の200円分は元が取れるかな。

 

ハルニレテラスがある星野エリアは「石の教会」内村鑑三記念堂や軽井沢高原教会などすてきな観光スポットが集中してるところ。

昼食を食べ損ねたんで、散策の途中で沢村で買ったアップルパイをお昼がわりに食べました。

秋の日差しの下、教会内の敷地をのんびり散策した後は、ホテルブレストンコートのラウンジで秋のスイーツを。

「本日のおすすめ」みたいなのを注文することに。3種類あるうちのクルミの何とか(名前を忘れた)をいただきました。 712円。

このスイーツおいしかったけど、バタークリームが固くてサツマイモのピューレ?とうまくマッチしてなかったような・・・。

うーん、もう少し柔らかめのクリーム(クリームチーズ的な)にして、サツマイモイモピューレももう少し酸味(レモンとか)と甘味を加えて、トッピングのクルミはシュガーコーティングしたのより苦目にキャラメリゼしたカリカリ感がある方がいいななどと、飲み物を頼みもせずに心の中であれこれケチをつけながら食べる客。嫌ですねえ。

ブレストンコートのスイーツと言えば美しくて有名なんですが、味は合いませんでした。

もっと高い方の頼めば違ったかも?(;^_^A

ふっかふかのソファと他の上品そうなお客さんの雰囲気になじめず、そそくさとラウンジを後にしました。

 

さて、ハルニレテラスに向かいましょうか。

 

平日なのに軽井沢はどこも混んでるなあ。

ブックス&カフェ丸山珈琲でおいしいコーヒーを飲みつつ、おもしろい本を手に取りほっとひと息。 596円。

ここはコーヒーだけで何種類もあって、深煎りの浅煎りだの、フレーバーがどうのこうの書いてあって、ふだんインスタントコーヒーしか飲まない者にとっては何が何だかわからず思考停止。

せっかく専門店に来たのにド定番の「丸山珈琲ブレンド」を頼んでしまいました。

定番って安心しますよね。

のんびりくつろいだ後はシャトルバス→しなの鉄道で戻って節約しました。

 

膝が痛くなるトラブルに見舞われつつも、そんなこんなで楽しく過ごせた軽井沢の1日。

今回のお出かけ、いくら使ったのか。 

  • レンタサイクル代 900円
  • 現地での交通費 720円
  • おみやげのパン代 1,760円
  • スイーツとコーヒー代 1,308円

以上4,688円。 倹約家としてはなかなかお金を使いました。

出かけた時はあんまりケチらないようにしてます。 なかなか来れないですしね。

 

今は大きな固定費がかからない時期なんで割と優雅に使えたけど、軽井沢は大好きな場所だからお金がない時であっても年に一度は来ようと思ってて。

ない時はないなりに工夫すればいいですもんね。

  • ひたすらレンタル自転車で移動
  • ランチは手ごろなお店で1,000円程度に
  • おみやげは買わない
  • ショッピングエリアには近づかず無料で回れる場所を観光
  • 水筒持参

といった質素倹約プランでも楽しめる自信があります。

さらに貧乏度が増したら、

  • お昼はコンビニで買って森の中で食べる
  • おにぎりを持参する
  • かなり歩くけどエリアを絞れば徒歩でもいけるから、レンタサイクル代も削れる

とかでもいいかもしれません。 

たしかに貧乏感は否めないけど、そんな風にすれば軽井沢というセレブな観光地でもほぼタダで楽しめるわけで。

「お金がないからどこへも行けない」じゃなくて、お金がある時はあるように楽しみ、ない時はないなりに旅したらいいんじゃないでしょうか。

軽井沢まで行けないほどの本格的な貧乏になったら・・・?

水筒とおにぎりを持って近所の山でもぶらつきますかね・・・。