そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

太るのが嫌なら「座る生活」はNG? 雪国暮らしだけど、コタツなしで冬を乗り切ろうと考える理由。

今年の冬はコタツなしで乗り切ってみようと思います(雪国在住)。

理由は「太るのが嫌だから」です。

 

あ、エアコン暖房と灯油ファンヒーターはふつうに使いますよ(弱運転で)。

今夜からの寒波襲来、大雪予報を前にすでに凍え気味なんだけど、大丈夫かいな?

 

 

ちなみに寒さの厳しいわが家の地方で、コタツなしはまず考えられません。

どうしてこんなに悲壮な?決意をしたかというと⋯、 太る(体脂肪率が増えて、筋肉量が減る)のが嫌なんです。

 

毎年太るのは決まって秋から春にかけて。 必ず3kgは増えるんですよね。

夏の間の節制と努力が台無しです。

この無念さ、筋トレやダイエットをやってる人ならわかるはず。

すでに体脂肪率は夏に比べて1%上昇中。

 

冬になぜ太るのか?

わたしの場合、敵はとにかくコタツ。奴のせいなんです。

コタツがあると活動量が激減するんですよね。

 

普段は食事時以外ほぼ立って生活してるのに、コタツがあると必然的に「座る生活」になってしまう。

そして、コタツに入ってると何かいろいろやる気がなくなるし、めんどくさくなるし。しまいには気づくと寝てたり 汗

 

そのうえ、動かないとなぜか口さみしくなって空腹でもないのにお菓子をボリボリ。

こりゃ太ります。

だから、わたしにとってコタツは堕落の根源。

こやつさえ抹殺すれば節制生活を続けられるはずなんです。

 

雪国なのにコタツなし生活、どこまで持つかわかりませんがやってみようと思います。

 

 

それにしても足が冷える。これ、暖かそうですよね。

足さえ温めれば何とかなりそうな気がします。