そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

PayPay祭りの真の勝者。ポイントの還元って「安く買える」わけではないのにお得に感じてしまう。

12月に行われたPayPayキャンペーンのポイントが還元されました。

 

 

購入額の20%がポイント還元されるという太っ腹なPayPay祭りに乗せられ、ノートPCを新調しました。

 

 

もともと不調だったんで新しいの買いたいなあとは思ってたんです。

なのでいいタイミングだった。

 

でも、20%還元してもらえるなら、どうせならいいの買おうってなって、予算よりだいぶ高め(8万くらいオーバー w)のPCを買ってしまったんですよね。

その後冷静になってみると、現金値引きとポイントでの還元って意味が違うし、ポイントでもらうのと現金でもらうは違うのにどうして「2割引で買える(実際は違う)。お得だ!」と感じてしまったんだろう?って思いました。

 

20%分(のポイント)はあとで還元されるけど、とりあえずカード引落日までに現金を入金しないといけないのも痛かったです(当たり前だ)。

わたしの場合、「欲しいもの貯金」で積み立てていた金額をはるかに超えるMacBook Airを購入してしまったけど、まあ性能がいいし、ノートPCはブログを更新することでいずれ元が取れるので、まだ後悔の少ない買い物だったけど。

 

もともと、お金が貯まったら買い換えようと思ってたのにだいぶ前倒し&かなり予算オーバーなんで、これでは祭りに乗せられてしまったと言えるでしょう。

 

こういう人はけっこう多かったかもしれません。

ヤマダ電機も大混雑してましたもん。

 

今回のPayPay祭り、12月の売上が前年比1.2倍になったビックカメラなどの小売店が本当の勝者でした。

あと、祭りに浮かれて不要なモノを買うことがなかった人も現金を減らすことがなかったという意味で勝ち組だったと思います。

 

 

マーケティングに乗せられてしまわないために、もっと勉強が必要だと思いました。