そう言われればそうかも。

日常での気づきや「おもしろい!」と思ったこと、断捨離やお金のことなども。

【スポンサーリンク】

節約を長く続けるには「完璧主義」じゃない方がいい。

節約を上手に長く続けられる人は、完璧主義者じゃないはず。

 

 完璧主義をやめると景色が違って見えるはず。

 

完璧主義だと些細な失敗が気になってストレスになってしまいます(何事にも失敗は付きもの)。

そしてそのストレスが溜まっていつか爆発してしまう⋯。

そんなパターンが多いと思います。

 

「パレオな男」さんのブログを読んでて、

完璧主義な人ってのは、ミスがない状態を目指すあまりプレッシャーが高くなりすぎちゃうんですよね。

そのストレスが積もり積もってメンタルをやられてしまうんですな。 

こじらせるとヤバい「完璧主義」が90年代から激増してるぞ!というメタ分析の話 | パレオな男

 

これって節約生活にも言えることだなと思いました。

 

完璧主義の人って100か0かの「百ゼロ思考」なんですよね。

たとえば「よーし、節約がんばるぞ」と思ってクリアファイル家計簿に取り組んだとしましょう。

  参考:家計簿が苦手でもOK クリアファイルでお金がたまる|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE

 

ところが、途中まで順調だったのにいったん予算オーバーの日が続くと「こんな方法ダメだ」と放り出してしまう。

初めての挑戦なんだから、そんな最初からうまくいくわけありません。

 

客観的に見るとそうなんだけど、完璧主義に陥ってると少しでもうまくいかない点があることが許せない。

わたしも若い頃はかなりその気があったんで気持ちはわかります。

今だったら、なぜうまくいかないのか原因を探るとか、もう少しゆるめの予算取りで次の月もチャレンジしてみようと思うけどなあ⋯。

 

かつての自分もそうだったけど、せっかくやる気になったのに少しうまくいかないだけでやめてしまう完璧主義の人はもったいないなあと。

こういう百ゼロ思考の人が節約を成功させるには、思考を変えるしかありません。

 

そういう人はいっそのこと方向転換をはかる(節約じゃなくて収入を増やす)方がうまくいくかもね!と思いつつも、上記のブログにあるように完璧主義は修正していった方がいろんな面でストレスを溜めずに対処しやすいし、人生楽に生きられます。

まああまりズボラになっても困りますが、適度に手を抜いたり失敗を認められるようになると物事が長続きして結果的にうまくいくように思います。

 

 

ストレスなくお金を貯められるようになる?「クリアファイル家計簿」については、こちらのコミックエッセイがおもしろくておすすめです。